FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

visvimとWMV

 
 
日本発で現在はNY拠点のブランド「visvim」と、
その系列ブランド「WMV」の違い比較。
 
 
VISVIM公式サイト
http://www.visvim.tv/jp/
 
 
 
 

ヴィズヴィム(visvim)とは?

 
 
「visvim(ビズビム、ヴィズヴィム)」とは、
様々な公式情報を参考にすると、
日本人デザイナー・中村ヒロキ氏が2000年に設立したメンズブランド。
 
 
公式サイトによると
「モノづくりを通じて"幸せ"と時を超えた"美しさ"を探求する旅を続けていく」
ということがコンセプト。
 
 
2010年代あたりからはショー形式ではないものの、NYコレクションへの参加をスタート。
 
2016年6月には、
ミラノメンズコレクション関連イベント「Pitti Uomo」側に招待され、
イベント内にて2017SSシーズンのランウェイショーを開催。
 
公式サイトの店舗リストを見てみると、
日本・アジア地域はもちろん、全世界のたくさんの店にて取り扱いあり。
 
 
 
[公式サイトでのコンセプト情報]
visvimとは、モノづくりを通して幸せを探求する旅。
そしてシーズン毎に生み出されるプロダクトやコレクションは、
そのゴールへ向かう私たちのひたむきな努力の痕跡です。
 
 
 
 
 
 
 

WMV(読みかた=ダブリュエムヴイ)とは?

 
 
「WMV」とは、
2013年にスタートしたvisvim関連ブランドで、
ニュースなどでは一般的に「visvimのウィメンズライン」と扱われているブランド。
 
そして、基本的にはそれで合っているらしいものの、
公式サイトでは
「単なるvisvimのレディースラインではない」
と書かれていて、公式説明を読んでも正確な意味合いはいまいちわからないものの、
もう少々深い意味合いをもったブランドであるそうです。
 
取扱店の数はvisvimよりも少数で、通販品揃えも少なく、今のところ小規模な事業であるようです。
 
 
 
[公式サイトでのコンセプト情報]
単なるvisvimのレディースラインではありません。
WMVは現代のウィメンズウェアに代わる大胆な提案です。
実用性のあるヴィンテージアーカイブから機能性の原理を引用し、
そこに女性らしいシルエットを加え未来につながるプロダクトを作ることを目指します。
 
 
 
 
 

共通点/違い

 
[共通点]
公式説明文などを参考にすると、
メンズ、レディースという根本的な違いはあるものの、
「低品質なものを大量生産するのではなく、真摯なモノづくりをしている」
というところが大きな共通点。
 
 
 
 
[違い]
 

  VISVIM WMV
スタート 2000年 2013年
対象性別 男性 女性
取扱店数 多数 少なめ

主な商品

(直営通販参考)

 

衣料

小物

生活雑貨

など

 

衣料

中心価格帯

(直営通販参考)

 

コア価格帯は

3-10万円くらいながら

2万円前後のシャツから

20万円前後の商品まで

だいぶ幅広い

 

3-10万円くらい

通販品揃え

多数 少数

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)