FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

BEAMS男女向けブランド・業態用語

 
 
セレクトショップチェーン大手ビームス社による、
似たような名前の男女両方向けのブランド・業態である、
 
 

  • ビームス・ライツ(BEAMS LIGHTS)・・・・・旅がテーマ
  • ビームスT(BEAMS T)・・・・・Tシャツ専門
  • International Gallery BEAMS・・・・・世界的高級ブランドの販売中心
  • ビームス・ハート(BEAMS HEART)・・・・・アウトレットモール専門系のブランド
  • ビームス・ゴルフ(BEAMS GOLF)・・・・・ゴルフウェア・ゴルフ用品
  • ビームス・ラゲッジ(BEAMS LUGGAGE)・・・・・バッグ系

 
 
あたりの分かりづらい違い情報。
 
 
 
 
 
 

ビームス・ライツ(BEAMS LIGHTS)とは?

 
 
「ビームス・ライツ(BEAMS LIGHTS)」とは、
2007年にスタートした、「旅(Life as a Journey)」がテーマの、
オリジナル商品に特化した男女両方向けブランド。
ビームスライツの単独業態のほか、全国のビームス業態とアウトレット業態で主に販売。
 
 
会社HP説明によると、
"旅=プライベート旅行"というわけではないと書かれているものの、
ロゴには飛行機が描かれている。
 
男女ともに通販での取り扱いがあり、中心価格帯は1-2万円くらい。
 
 
 
【会社HPでのブランド説明(簡易版)】
"Life as a Journey"。"旅"をテーマにメンズ、
ウィメンズともに清潔感と上品な色気を表現したデイリーウエアを提案します。
 
 
【会社HPでのブランド説明(長文版)】
2007年、オリジナル商品に特化したメンズとウィメンズのレーベルとしてスタート。
"Life as a Journey"。
休日の旅行も、仕事の出張も、散歩も、ライフスタイルの全てが"旅"。
"旅"の「遊び心」「心地よさ」をキーワードに、メンズ、ウィメンズともに
清潔感と上品な色気を表現したデイリーウエアをラインアップ。
様々な人や場所との出会いを演出するビームスらしい"旅のおもしろがり方"を提案します。
 
 
 

ビームスT(BEAMS T)とは?

 
 
「BEAMS T」とは、
Tという名前通り、BEAMS社によるTシャツ専門レーベル。
BEAMS T単独店やBEAMS店舗、アウトレット店舗が主な取扱店。
 
オンラインショップを見る限り、外部仕入れのTシャツ中心ながら、
「BEAMS T」ブランドのTシャツも存在し、それらは単価5000円から1万円と低額。
 
 
 
【会社HPでのブランド説明(簡易版)】
"ART FOR EVERYDAY"をテーマに世界で生み出されている
アーティスティックなグラフィックをTシャツというキャンバスに表現、発表しています。
 
 
 
【会社HPでのブランド説明(長文版)】
2002年、"ART FOR EVERYDAY"をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル。
日々、世界で生み出されているアーティスティックなグラフィックを
Tシャツというキャ ンバスに表現、発表しています。
ゲームやアニメなどこれまでファッションとは無縁であった業界とのコラボレーションも数多く展開し、
BEAMSの持つボーダーレスな感覚をさらに先へと進めています。
 
 
 

インターナショナルギャラリー・ビームス(International Gallery BEAMS)とは?

 
 
「International Gallery BEAMS」とは
"International "という業態名通り、世界的に有名な海外ブランドや日本の国際的ブランドの販売が中心の業態。
 
ただし、同名のオリジナルブランドも存在し、
メンズ部門に関しては、直営通販ストアでも取り扱いあり。
オリジナル商品の価格帯は1万円から2万円くらいと、外部取扱いブランドと比べると低額。
 
 
 
 
【会社HP掲載の男女共通の業態説明文】
1981年、インターナショナルな感覚で、
よりトレンドを意識したインポート商品を中心にスタートしたレーベル。
成熟した都会に生まれる"洗練された混沌"を求め、
まったく異なる価値観のデザインが隣り合わせるなど、緊張感のある刺激を追及します。
こうした感覚から生まれるオリジナルとインポートの品揃えは、
常に好奇心を持ち続けるすべての大人に向けての提案です。
 
 
【会社HP掲載のウィメンズ分野の説明文】
話題のハイブランドや国内の注目ブランドを中心に、
ファッションを楽しむ女性に向て旬な世界をお届けします。
 
 
 
【会社HP掲載の主な外部取り扱いブランド(2015年)】
  • 3.1フィリップリム
  • コムデギャルソン系ブランド
  • セドリック・シャルリエ
  • JWアンダーソン
  • JACQUESMUS
  • ジョンローレンスサリバン
  • メゾンマルタンマルジェラ
  • mame
  • マノロブラニク
  • プロエンザ・スクーラー
  • ステラ・マッカートニー
  • TOGA
  • VALENTINO
  • ヴェロニク・ブランキーノ 
 
 


 
 

ビームス・ハート(BEAMS HEART)とは?

 
 
「ビームス・ハート(BEAMS HEART)」とは、
会社HP説明では"アウトレットを中心に展開しています"と書かれているものの、
2015年時点ではアウトレットモール内の店舗以外では販売されておらず、
実質的に"アウトレットモール店専門ブランド"というような感じとなっている低価格ブランド。
 
BEAMSオンラインショップでの取扱いはないため明確な価格帯は分からないものの、
店舗公式ブログを参考にすると、大まかな価格帯は5000円から1万円くらいで、
コートなどのアウターも1万5000円から2万円程度である模様です。
 
 
 
 
【会社HPでのブランド説明(簡易版)】
リーズナブルでありながらクオリティにこだわり、
適度に"旬"を取り入れた鮮度の高いベーシックスタイルを提案します。
 
 
【会社HPでのブランド説明(長文版)】
心、気分、活力、熱意などの意味を込めた<BEAMS HEART>。
"時代の気分(ファッション)を味わいながら豊かな生活を"との思いから誕生しました。
メンズ、ウィメンズのカジュアルウエアからドレスウエアまでトータルに、
ビームスのスタンダードなデザインで構成します。
リーズナブルでありながらクオリティにこだわり、適度に"旬"を取り入れた鮮度の高いベーシックスタイルを提案。
アウトレットを中心に展開しています。
 
 

 

ビームス・ゴルフ(BEAMS GOLF)とは? - オレンジレーベル&パープルレーベル

 
 
ビームス・ゴルフ(BEAMS GOLF)とは、
その名の通り、BEAMSによるゴルフウエア、ゴルフ用品系ブランドのこと。
 
説明文によると、ゴルフウェア分野に関しては
■オレンジレーベル(Orange Label)
■パープルレーベル(Purple Label)
という2つのレーベルが存在。
オンラインショップでも取扱いがあり、両方とも価格帯は1万5000円から3万円くらい。
 
その他のゴルフ用品類は商品によって値段は幅広いものの1万円以下の商品が中心。
 
 
全国の「ビームスゴルフ」専門業態にて取り扱われている。
 
 
 
【会社HPでのブランド説明(簡易版)】
ファッション性と機能性を両立させた、
BEAMSならではのゴルフスタイルを提案するオリジナルブランド。
 
 
 
【会社HPでのブランド説明(長文版)】
ファッション性と機能性を両立させたBEAMSならではのゴルフスタイルを提案するオリジナルブランド。
アメカジやアウトドアのテイストを取り入れたカジュアルウエアを展開する<オレンジレーベル>と
伝統的なゴルフスタイルをシルエットや色使いで、
モダナイズした上品で艶のあるアイテムを提案する<パープルレーベル>に加え、
遊び心に溢れたデザインでプレーを楽しく演出してくれるアクセサリー類のラインアップです。
 
 
 

 

各業態の比較

 

 

 

項目 位置づけ

主な取扱い業態

(アウトレット店除く)

中心価格帯

(オリジナル)

推定ターゲット
BEAMS LIGHTS

旅がテーマ

の日常服

ビームスライツ

ビーム

1-2万円

20代から

アラサー世代

BEAMS T 

Tシャツ専門

のレーベル

BEAMS T

ビームス

5000円から

1万円くらい

若い世代

International

Gallery BEAMS 

インポート商品

中心の業態

単独業態など

(取扱店少数)

1-2万円

富裕層

(年齢層は不明)

BEAMS HEART

アウトレット

モール店向けの

低価格ブランド 

全国の

アウトレットモール内の

BEAMS店舗

5000円

から1万円 

不明
BEAMS GOLF

ゴルフウエア

ゴルフ用品

ビームスゴルフ

1.5万円

から3万円

20代

30代

くらい

 

*ターゲット年齢層は、あくまでオンラインストアの試着モデルの推定年齢などから推測したものです。

 

 

 
 

 
 

【その他】ビームス・ラゲッジ(BEAMS LUGGAGE)

 
 
ビームス・ラゲッジ(BEAMS LUGGAGE)とは、
LUGGAGE(荷物)という言葉通り、バッグ専門業態。
2014年にスタートしたばかりで、まだ小規模事業であるようです。
 
オンラインショップでの取り扱いはなし。
 
2015年時点での取り扱い店は、
「軽井沢・プリンスショッピングプラザ センターモール」というお店1つだけ。
 


 
【会社HPでのブランド説明】
2014年、メンズ、ウィメンズからユニセックスまでバッグを目的別にセレクトするレーベルとしてスタート。
機能や用途といったプロフェッショナルな必要性を起点に、
ファッションやライフスタイル、様々なシーンに合わせた、日々を彩るバッグを提案します。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)