FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

三陽商会「MACKINTOSH PHILOSOPHY」と「MACKINTOSH LONDON」

 

まず始めに「MACKINTOSH」とは?

 
 
「MACKINTOSH」とは、
バーバリーなどと並ぶ英国を代表するアウターウエア系ブランドのこと。
 
発祥は1823年といわれており、チャールズ・マッキントッシュ氏が
世界初の防水布「マッキントッシュクロス」がブランドの起源・原点。
 
 
*パソコン用語「Mac(Macintosh)」とはスペルも違い、まったく関係なし。
 
 
 

三陽商会「マッキントッシュ・フィロソフィ(MACKINTOSH PHILOSOPHY)」とは?

 
 
 
「マッキントッシュ・フィロソフィ(MACKINTOSH PHILOSOPHY)」とは、
2015年秋に三陽商会が新たに「MACKINTOSH LONDON」をスタートする前から存在する、
マッキントッシュのセカンドライン、という位置づけのブランド。
 
会社概要の沿革のページによると、メンズが2007年でレディースが2008年にスタート。
 
 
 
出店先は全国の老舗百貨店。
中心価格帯は1.5万円から3万円くらいで、
一部アウターなどは5万円前後とMACKINTOSH LONDONより低価格。
 
 
 
【ターゲット年齢層】
ウィメンズ商品に関しては、三陽商会HPにて「20代後半-30代の女性がコアターゲット」という記載あり。
 
メンズに関しては公式情報が見つからないものの、
カタログで起用するモデルなどから分析する限り、
20代から30代くらいの男性あたりがターゲットではないかと思いますが、公式サイトには具体的な情報なし。
 
 
 
 
【三陽商会HPでのブランド説明】
英国を代表する老舗ブランド、マッキントッシュ。
そのセカンドラインとして誕生した「マッキントッシュ・フィロソフィー」は、
マッキントッシュのモノづくりの精神とクラシックで時代性のあるスタイルを受け継いだトータルコレクションです。
 
 

三陽商会「MACKINTOSH PHILOSOPHY」公式サイト

 

 

 

 

[主な公式通販サイト]

 

 

 

[実際の顧客年齢層のチェック]

WEAR「MACKINTOSH PHILOSOPHY」

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

三陽商会「マッキントッシュ・ロンドン(MACKINTOSH LONDON)」とは?

 
 
 
「マッキントッシュ・ロンドン(MACKINTOSH LONDON)」とは、
日本の三陽商会が2015-2016年秋冬シーズンから新規スタートしたブランドで、
アウター衣料だけでなく、アウター以外の衣料から雑貨までトータルに様々な分野の商品を扱う。
 
会社側のニュースリリーズ情報によると、ターゲット年齢層は45歳以上の男女。
 
 
2015年9月末には、三陽商会直営通販サイトでの取り扱いもスタート。
公式通販サイトを見る限り、中心価格帯はフィロソフィーよりも高くて2-5万円くらいで、
コートなど一部の高いものは10万円から20万円くらいするものもあり。
 
 
 
 
[ブランド誕生の経緯(ニュース記事など参考)]
2015年6月に40年以上の付き合いがあった英国「バーバリー」との契約が切れ、
三陽商会独自展開の「バーバリーブルーレーベル&ブラックレーベル」の2つを失ったことから
バーバリーと同じ最高ランクのブランドとして新たに英国マッキントッシュ社との
ライセンス契約を交わしたといわれており、バーバリーの後継ブランドの一つである
基幹事業として今後注力していくことが三陽商会HPで宣言されており、
2015年秋から全国に200以上の店舗を一気に開店。
 
2015年時点の計画では2018年代間で年商200億円が目標。
 
なお現在、英国マッキントッシュ社は日本の八木通商の子会社扱いのため、
三陽商会が「マッキントッシュ」とは別に2つめのライセンスブランドをはじめることに関しては、
英国本社ではなく、八木通商と三陽商会の間で話し合いがもたれ、
三陽商会側がマッキントッシュの新たなライセンスブランドをやりたいという気持ちが実を結び、
「MACKINTOSH PHILOSOPHY」という既存ブランドは別に「MACKINTOSH LONDON」が新たにスタートすることが決定した模様です。
 
 
 
 
 
【ターゲット年齢層・顧客イメージ(公式ニュースリリース情報)】

  • 伝統と歴史に裏付けされた本物を知る大人たち
  • 時代に合った感覚を持ち合わせた人々
  • 45才以上の男女

 
 
 
 
 
【三陽商会HPでのブランド説明】
■AUTHENTIC/ 英国トラッドに基づく本物
マッキントッシュの伝統を支えるゆるぎないクラフツマンシップ。
 
■CLASSIC+MODERN/ クラシックとモダンの融合
クラシックとモダンが共存する空気感。
 
■TOTAL COLLECTION/ トータルコレクション
コートからアクセサリーまで、上質な素材と時代性を兼ね備えたタイムレスなコレクション。
 
 
 
 
 
 
【その他の三陽商会ニュースリリース内のブランド説明文】
「マッキントッシュ ロンドン」は、英国を代表するアウターウエアブランド
「MACKINTOSH」のオーセンティックなトータルコレクションとして、
英国マッキントッシュ・リミテッドからライセンスを受けてスタートする、
45才以上の男女に向けた新ブランドです。
 
 
 
 
【MACKINTOSH PHILOSOPHYとの関係に関するニュースリリース上での記述】
当社は「マッキントッシュ ロンドン」の展開により、
英国「マッキントッシュ」のセカンドライン「マッキントッシュ フィロソフィー」との
シナジー効果を生みだし、マッキントッシュ事業の売上の拡大を図ってまいります。
 
 
 
 
三陽商会「MACKINTOSH LONDON」公式サイト
http://www.mackintosh-london.com/
 
 
 
 

「MACKINTOSH LONDON」と「MACKINTOSH PHILOSOPHY」の比較

 
2015年時点。
コンセプトの刷新や景気変動などで今後ズレが発生する場合あり。
 

 

項目 MACKINTOSH PHILOSOPHY MACKINTOSH LONDON

日本での

スタート年度

 

メンズ=2007年

レディース=2008年

 

2015年
男女区分

 

男女両方

 

男女両方
ターゲット年齢層

 

■ウィメンズ

20代後半-30代の女性が

コアターゲット

 

*メンズ分野も多分同様

(公式情報は見つからず)

 

45歳以上の男女
出店先

 

百貨店

 

百貨店

店舗数

 

約250店

 

約60店
中心価格帯 1.5万から3万円くらい

 

2万-5万円

 

価格帯高めな商品

一部アウターは5-8万円くらい

 

*まれに10万円以上もあり

 

一部アウター・バッグなどは

10万-20万円くらい

 

まれに30万円以上も存在

 

価格安めな商品

財布、アクセサリーや

薄手バッグは1万円くらい

 

Tシャツやネクタイ・財布・

アクセあたりは1.5万円くらい

 

 

 

 

[違いまとめ]

  • 事業規模が違い、三陽商会は2015年スタートの「MACKINSTOSH LONDON」に注力している
  • ターゲット年齢層が違う
  • 価格帯が違い、MACKINSTOSH LONDONのほうが高い
  • スタート年度が違う

 

 

 

 


 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)