FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

ライトオン各業態(レーベル)の違い

 
 
このページは、ジーンズカジュアル系チェーンとして有名な
ライトオン社の各業態(レーベル)の違いを比較したページです。
 
投資先としてライトオン社を研究しているかたや一般顧客として店舗を利用したい方むけ。
 
 

 

ライトオンオンラインショップ

Right-on直営オンラインショップ

 

 

 

[ライトオン社の歴史]

1980年に創業し、営業を開始。

茨城にて成功してのち、1990年代に入ると関東地方各地に進出。

1995年には株式を店頭公開したのち、2000年に東証一部に上場し、全国各地の店舗も増加。

2002年、アウトレット事業を開始。

2004年、新業態「FLASH REPORT」を出店。

2011年、株式会社チャイムを吸収合併。

2013年、新業態「バックナンバー」を出店。

 

 

 


 

 
 

「ライトオン(Right-on)」業態とは?

 
 
「Right-on」は、
ライトオン社の全店舗の9割前後を占める、ライトオン社の主力業態。
ユニクロ同様に、幅広い世代の男女がターゲット。
近年は、「Right-on ex」という派生業態も増加中。
 
なお、「Right-On」業態に関しては、オリジナルブランドと外部ブランドで構成される
セレクトショップ的な業態で、他のレーベルとは違い「Right-on」という名前のオリジナルブランドはなし。
 
 
出店形態は、ユニクロ同様に大きな道路沿いの直営店から
各地の様々な形態のショッピングセンター、パルコのような駅ビルまで様々。
 
 
 
 
【会社HPでのブランド説明】
“そのままであり続ける”ジーンズや、オリジナルウェア、雑貨を軸に、
遊び心やこだわりのあるブランドをセレクト。
アメカジからトレンドまで幅広く展開し、等身大のファッションを提案します。
 
 
 
【ライトオンで取り扱う主な外部ブランド】

  • AVIREX
  • Champion
  • Disney
  • EDWIN
  • FILA
  • G-STAR RAW
  • LEE
  • Levi's
  • NIKE
  • VANS 

 
*上記リストはオンラインショップ参考。
(通販禁止規定によりオンラインでは扱っていないブランドや、
逆にオンラインだけ扱っているようなブランドがある可能性もあり)
 
 
 
 
 
 
 

Right-OnとRight-On ex(イーエックス)の違い

 
 
Right-On ex(イーエックス)は、新たに誕生した新業態。
 
この2つの業態に関しては、
出店場所の違いなど、店舗リストから比較してみても2業態とも同じようなところに出店しており、
どちらが駅に近いSC、もう片方は郊外SCに出店しているということもなく、
そんなに際立って大きな違いは見つからず。
 
ただし、出店している施設のHPを見る限り、
"ex"は店によっては「ライトオンex」店舗の限定品が存在することは判明。
 
これ以外の微妙な違いは今のところ不明です。
 
 

 

【Right-onとRight-on exの比較(2013年8月期の決算説明資料参考)】

 

*店舗数は2015年時点。

項目/業態名 取り扱い区分 標準店舗面積 ロケーション

店舗数

(2015)

Right-on

メンズ

ウィメンズ

キッズ

130坪から180坪

コミュニティー型

ショッピングセンター

400店舗

以上

Right-on ex

メンズ

ウィメンズ

キッズ

80坪から130坪

ネイバーフッド型

ショッピングセンター

22店舗

 

*この表から考える限りでは、店舗の広さが違う模様。

* ショッピングセンターの細かい種類については別の詳しい資料をご覧ください。

 

 


 

 

*2業態の出店施設HPでの説明を比較すると、

ライトオンexには「通学」というキーワードが出てくるので、

とりあえず学生世代が重要なターゲットであることは判明。

 

 

【"ライトオン"マルイファミリー志木店HPでの店舗説明】

年齢・性別を超えた幅広い客層に対応し、ジーンズを中核アイテムとしたカジュアルウェア専門店です。

 

 

【"ライトオンex"モラージュ菖蒲店HPでの店舗説明】

気軽に着られるスタンダードアイテムに程よくトレンドのエッセンスを取りいれて、

通学や休日スタイルにぴったりのリアルクローズを提案します。

 

 


 
 

 
 

「バックナンバー(BACK NUMBER)」とは?

 
 
「バックナンバー(BACK NUMBER)」とは、
まだ単独店舗は少数ながら、パルコなどの駅ビル(ファッションビル)を中心に出店しているレーベル。
メンズとウィメンズの両方あり。
 
【会社HPでのブランド説明】
オーセンティックでありながら、アクティブなストリートウエアとしても通用する
ユニセックスなスタイリングを提案します。
 
 

 
 

「フラッシュリポート(FLASH REPORT)」とは?

 
 
「フラッシュリポート(FLASH REPORT)」は、
メンズ・ウィメンズ両方とも取り扱いがあるレーベル。
 
2004年に出店を開始。
 
 
【会社HPでのブランド説明】
"いまの気分を着る、気取らない服"をコンセプトに、
いつも新しさを求める人へ向けた都会的なMIXカジュアルを提案するショップです。
 
 
 
 
オンラインショップではウィメンズよりもメンズ商品のほうが多め。
 
単独の店舗数は少ないものの、駅ビルやショッピングセンターに出店。
価格帯は2000円から5000円くらい。
 
 
 

CHIME(読みかた=チャイム)とは?

 
 
「CHIME(チャイム)」は、ライトオンの中のウィメンズ専門業態。
2011年夏から出店を開始。
 
出店先はイオンモールなどの全国のショッピングモールで、
価格帯は2000円から5000円くらい。
 
 
【会社HPでのブランド説明】
シンプルなデザインと女性が共感できる"可愛さ"をミックスしたアイテムをコーディネイト提案します。
タイムリーでタイムレスなスタイルがここにあります。
 
 
 

各業態(レーベル)の比較

 

 

項目 Right-on(業態) BACK NUMBER FLASH REPORT CHIME
男女/子供区分

メンズ

ウィメンズ

キッズ

メンズ

ウィメンズ

メンズ

ウィメンズ

ウィメンズのみ
主な出店先

路面店(直営店)

SC

駅ビル中心

駅ビル

SC

SC

中心価格帯

(オリジナルブランド)

- 2000-5000円 2000-5000円 2000-5000円
高価格帯商品 -

一部アウターは

5000円-1万円

一部アウターは

5000円-1万円

一部アウターは

5000円-1万円

店舗数

(2015年8月期末)

475店舗

10店舗

(その他キッズ店1)

15店舗 15店舗

 

*「Right-on」という名称のオリジナルブランドは現状ではなし。

*Right-onに関しては業態自体の情報で、他は各ブランドに関する情報。

*SC=ショッピングセンターの略

*価格情報は大人向け商品に関するデータ

*この会社はブランドの改廃が激しいため、今後ズレが発生する可能性があります。

 

 

 

 

 

ライトオンオンラインショップ

【ライトオンアウトレット】常時500点以上のお買得商品が勢揃い。今すぐ着れるアイテムをお得な価格でGET!!※お買得につき在庫切れはご容赦ください。

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)