FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

サムソナイト系レーベル用語

 
 
世界的スーツケース系ブランドである
「サムソナイト」
 
と関連ブランドである
「サムソナイト・ブラックレーベル」
「サムソナイト・レッド」
のターゲット、コンセプト、展開商品などの違い情報。
 
 
 

サムソナイト(Samsonite)とは?

 
 
 
「サムソナイト(Samsonite)」とは
1910年にアメリカのコロラド州デンバーで創業された世界的スーツケース系ブランド(メーカー)。
 
馬車や列車が主な移動手段だった時代はもっと小型商品を展開していたものの、
飛行機による長距離移動時代の始まりと共にスーツケース作りが盛んになっていったそうです。
 
2016年にはTUMIを買収。
 
国内取扱店としては、
百貨店内のサムソナイト販売コーナーから郊外ショッピングセンターまで幅広く出店。
 
 
価格帯はサイズなどによりだいぶ差があるものの、
オンラインショップを参考にすると大体3万円から10万円くらいが中心。
 
 
 
サムソナイトジャパン公式サイト
http://www.samsonite.co.jp/
 
 
 
[公式サイトでのブランド紹介一部抜粋]
旅のスタイルが大きく変化した激動の20世紀―世界恐慌、第二次世界大戦を経て、ジェットエイジが到来。
旅の舞台は空へと移りました。
馬車や列車で移動していた時代の小型トランクから始まり、
飛行機でより速く、より遠くへ旅するためのスーツケースへ。
人々が歩んできた旅の歴史とともに、サムソナイトの歴史があります。
 
多くの人が地球規模で旅をしている現代、
サムソナイトは革新的な技術、素材、デザインにおいて
トラベルアイテムの世界をリードするブランドとなりました。
そして、旅が実に多様化している今日、
日常のちょっとした移動も一種の「旅」であるとサムソナイトは考えます。
毎日の通勤や、ほんの少し遠出する移動、小旅行から、
長期の海外旅行に至るまで、あらゆる「旅」のニーズに応えていきたいと願っております。
 
 
 
[ブランド名の由来(公式サイトより)]
サムソナイトという名前は、ジェシーの子供時代からのヒーロー、
聖書に登場する怪力の大男サムソンから命名されました。
この新しいスーツケースの頑丈さと耐久性を強調したいというジェシーの願いが反映されています。
 

日本での顧客年齢層や男女比などのチェック

WEAR「サムソナイト」カテゴリ

 

 

 

サムソナイトの出店先の一つであるマルイのオンラインストアにて取り扱いあり。

マルイウェブチャネルの総合トップへリンク

マルイウェブチャネル

 


 
 

 

サムソナイト・ブラックレーベル(Samsonite Black Label)とは?

 
 
「サムソナイト・ブラックレーベル(Samsonite Black Label)」とは
2000年に誕生したサムソナイトの高級レーベル。
 
こちらは、店舗少ないほか、
ショッピングセンターまで幅広く出店している値段安めの「サムソナイト」とは違い、
百貨店のみにほぼ専門店的に出店している戦略のようです。
 
オンラインストアを参考にすると、
高級レーベルだけに3万円前後の安いものは見当たらず、
スーツケース価格帯は5万円から10万円くらい。
 
 
 
*こちらはマルイウェブチャネルでの取り扱いなし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サムソナイト・レッド(Samsonite RED)とは?

 
 
「サムソナイト・レッド(Samsonite RED)」とは、
スーツケース系ブランドのサムソナイトから派生して誕生した普通のバッグ系ブランド。
 
そして、こちらは旅シーンではなく、
日常シーンの中で常に持ち歩いてもらうことをコンセプトにした日常バッグだそうです。
 
独自公式サイトもあり。
 
そして、2016年時点でのイメージキャラクターである、
モデルのパトリシオさんも1980年代半ば生まれのモデルで、
出店先もマルイ、パルコといった若者向け商業施設中心なので、
明確に若い世代をターゲットにしたブランドと思われます。
(バッグなので男女区分はあまりないものの、多分男性がターゲット)
 
馬具の価格帯も大体1-2万円くらいと低価格。
 

サムソナイト・レッド公式サイト

 

 

 

[公式サイトでのブランド説明]

いつも、使いたくなるバッグ。

100年の長きにわたり、変わりゆく人々のライフスタイルや旅行者のニーズに応え、

機能的でありながらも、デザイン性の高い製品を開発し続けてきた“サムソナイト ”。

“ サムソナイト・レッド ”は、そのDNAをベースに日々のあらゆる移動も旅のひとつと捉え、

いつも、使いたくなるバッグを提案します。

デザインはトレンドを纏いながらも、余計な装飾を削ぎ落としシンプルで合わせやすく、

高い基準で選び抜かれた素材、工場で丁寧に生産されています。

 

 

 

こちらも主な出店先であるマルイのオンラインストアにて取り扱いあり。

マルイウェブチャネルの総合トップへリンク

マルイウェブチャネル

 


 
 

各ブランドの違い比較

 

 

 

項目 サムソナイト

サムソナイト

ブラックレーベル

サムソナイト

レッド

位置づけ メインブランド

高級レーベル

サムソナイト系の

日常バッグブランド

(若い男性向け)

スタート

1910年

(1941年)

2000年 不明

日本での

主な出店先

百貨店

駅ビル

SC

百貨店

駅ビル

SC

△百貨店

店舗数

数えきれないほど

多い

わずか

約35店舗

(2016)

スーツケース

中心価格帯

3万円から

10万円くらい

5万円から

10万円くらい

1-2万円

 

駅ビル(ファッションビル)=百貨店ではない、マルイ・パルコ・ルミネのような若者向け商業施設。

SC=ショッピングセンター

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)