FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

PRINGLEとPRINGLE1815の違い(ターゲット年齢層/価格帯/歴史)

 

「プリングル(PRINGLE OF SCOTLAND)」とは?

 
 
 
"PRINGLE OF SCOTLAND"、通称「プリングル(PRINGLE)」とは、
1815年に設立され、2015年で設立200周年を迎えた
イギリス王室ご用達の、バーバリーやDAKSなど共に英国を代表する衣料系ブランド。
発祥当時からニットウエアを得意としている。
 
1956年には、エリザベス女王から「ロイヤル・ワラント」を授与。
ロンドンコレクションにもメンズ・レディース両方で参加している。
 
 
価格帯は直営通販やYOOXを参考にすると5万円から10万円中心ながら、
アウター類は30万円以上するものもあり。
 
 

プリングル公式サイト・・・・・YOOXによる通販機能あり

 

 

公式ネット通販・正規品通販サイト

 

*YOOXは、プリングル直営通販の運営も委託されている最大級のアパレル通販企業。

日本におけるZOZOTOWNのような存在。

 

 

 

 

 

 

[国内・海外のPRINGLE OF SCOTLAND愛用者]

  • 英国王室のかたがた(エリザベス女王など)
  • グレース・ケリーモナコ王妃
  • マドンナ
  • デヴィッド・ベッカム

 

 

 

 


 
 

 

「PRINGLE 1815」とは?

 
 
 
プリングル(PRINGLE OF SCOTLAND)の関連ブランド、
「PRINGLE 1815」とは・・・・・。
 
 
日本の大手アパレルメーカーである三陽商会が、
英国プリングル・オブ・スコットランド社と提携して日本で独自に展開している
20代半ばから30代前半あたりの若い世代がメインーターゲットのPRINGLEの別ライン(ライセンス)のこと。
 
2013年デビューで、デビュー以来将来的な主力部ブランド候補の一つとして積極展開されている。
 
 
読みかたは、「プリングルいちはちいちごー」ではなく、
「プリングル・エイティーンフィフティーン」。
 
全国の老舗百貨店に出店中で、
中心価格帯は1-2万円から程度で本国のブランドよりも明確に価格帯が安い。
 
 
[追加情報(重要)]
もともとは男女両方とも扱うブランドだったものの、
2016年秋頃からレディースがなくなり、メンズだけのブランドに。
 
 
 
PRINGLE1815公式サイト
http://www.pringle1815.jp/
 
 
 
PRINGLE1815公式サイトでのブランドコンセプト説明文
「PRINGLE 1815」は、1815年創業で約200年の歴史を持つ英国老舗名門ブランド
「PRINGLE OF SCOTLAND(プリングル オブ スコットランド)」の
ブランドアイデンティティを継承しつつも、
『MAKE THE NEW STANDARD』をコンセプトに、
よりコンテンポラリーなアイテムを揃え、2013年春にデビューするブランドです。
 
 
 

PRINGLE OF SCOTLANDとPRINGLE1815の比較

 

 

項目 PRINGLE OF SCOTLAND PRINGLE1815
よみかた

ぷりんぐる・おぶ・すこっとらんど

ぷりんぐる・

えいてぃーんふぃふぃーん

創立 1815年 2013年
取り扱い地域 全世界 日本のみ

取り扱いアイテムの

男女区分

男女両方あり

メンズのみ

(ウィメンズ廃止)

ターゲット年齢層

 

明確な情報はなし。

 

エリザベス女王世代から

若い人まで多分ターゲットは

幅広いことが予測されます。

 

*ただし高額なため、

20代の収入では買うのが難しい価格帯。

 

 

 

 

ニュース記事によると、

M1層・F1層の男女向け。

(25歳‐34歳の男女)

 

 

 

メイン商品

(有名なアイテム)

ニットウエア 不明

価格帯

(YOOXなど参考)

5-10万円くらい 1-2万円くらい

一番高い商品

アウター類は30万円前後 アウターは5万円前後

一番安い商品

ポロシャツは2万円前後

Tシャツやアクセは

5000円前後くらい

参加コレクション

ロンドンコレクション(ウィメンズ)

ロンドンメンズコレクション

ショーは不参加

 

 

*正確にはF1層とは20-34歳の女性層で、M1層とは20-34歳の男性層を指す。

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)