FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

ラトルトラップ(RATTLE TRAP)系ブランド用語

 
 
株式会社メンズビギ社によるラトルトラップ系の類似ブランド、
 

  • ラトルトラップ(RATTLE TRAP)
  • マインドブロウ(MIND BLOW)
  • グローリークルー(glory crew RATTLE TRAP)

 
のターゲット年齢層、価格帯、出店場所などのわかりづらい違い情報。
 
 
 
ラトルトラップ総合公式サイト
http://www.rattletrap.jp/
 
 

 
 

ラトルトラップ(RATTLE TRAP)

 
 
「ラトルトラップ(RATTLE TRAP)」は、
ラトルトラップ系ブランドの中心的なブランド。
 
出店先はパルコなどの若い世代向け駅ビル。
中心価格帯は1-2万円くらいと、3ブランドの中で最も高級。
 
高額なため、他の2ブランドよりもややターゲット年齢層は高めと思われます。
 
 
 
【公式サイトでのブランド説明】
時代と共に変化し続けるライフスタイルにおいてリアルに共存することができるタウンウェア。
『ワーク』『ミリタリー』『デニム』をベースに、
素材とディティールにこだわりを持ちながら今を表現。
常に進化し続けるRATTLE TRAPスタイルを提案します。
 
 
 
 
 
 
 

マインドブロウ(MIND BLOW)

 
 
「マインドブロウ(MIND BLOW)」というブランドは、
「ラトルトラップ」同様に駅ビル向けのブランド。
 
価格帯は5000円から1万5000円くらいと、ラトルトラップよりも明確に低額。
 
 
【公式サイトでのブランド説明】
MIND BLOWは『衝撃を与える』という意味をもつ。
ストリート、ワーク、ミリタリーをベースに遊び心を加えたオリジナルアイテムと
エッジの効いた国内外からのセレクトアイテムを加え、より『今』を感じるスタイルを提案します。
MIND BLOWが表現する新しいスタンダードが時代に衝撃を与える。
そんな思いが込められています。
 
 
 
 
 

グローリークルー(glory crew RATTLE TRAP)

 
 
「グローリークルー」とは、
ラトルトラップの中でのショッピングセンター施設向けの低価格ブランド。
 
ロゴには「glory crew RATTLE TRAP」という文字が入っており、
こちらが正式なブランド名である模様。
 
オンラインショップを見る限り、
5000円から1万円くらいの商品が大半で、マインドブロウよりも1万円以上の商品は少なめ。
 
最も買いやすいブランドのため、
推定ながらターゲット年齢層も一番低いことが予測されます。
 
 
 
【公式サイトでのブランド説明】
"glory crew"とは、『大喜びする仲間』という意。
一人一人が、ライフスタイルの中で受けた刺激や遊びを大切にしています。
多様化する社会のニーズにフィットしたプライスで時代の先を行く感性を発信し、
その時代のトレンドをミックスした 『ライフスタイルショップ』を提案します。
 
 
 
 
 

RATTLE TRAPとMIND BLOWとglory crewの比較

 

 

項目 RATTLE TRAP MIND BLOW glory crew
出店先 駅ビル 駅ビル SC

単独店の

店舗数

(2015)

6店舗 5店舗 11店舗

中心価格帯

(自社ブランド)

1-2万円

5000円から

1.5万円

5000円

から1万円

高価格帯商品

(アウターなど)

3万円前後 2万円前後  1.5-2万円

 

*駅ビル=百貨店ではないマルイ、パルコなどの施設

*SC=ショッピングセンター(イオンモールなど)

 

 

 

[各ブランド共通の公式通販ストア]

 

 

 

 

 

 

 


 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)