FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

「JUNKO SHIMADA」と「49avenue.junkoshimada」

 

「JUNKO SHIMADA」ブランドとは?

 
「JUNKO SHIMADA」ブランドとは、
1981年からパリコレで30年以上発表を続けている、コレクションラインのこと。
 
現在はクロスプラス社が展開。
 
 
位置づけは「プレステージ」。
 
 
 
[クロスプラス公式サイトでの説明]
1981年よりパリコレで発表されているコレクションライン。
毎シーズン、斬新でエキサイティングなメッセージを発信している。
パリのエスプリ漂う、都会的な女性達に向けたブランド。
 
 
[JUNKO SHIMADA公式サイトでの情報]
1981年よりパリコレで発表されているコレク ションライン。
 
 
 
 
 

「49av(avenue). Junko Shimada」ブランドとは?

 
読みかたは
「フォーティーナインアヴェニュー ジュンコシマダ」。
 
「49av(avenue). Junko Shimada」ブランドとは、
1981年に東京コレクションでの発表を開始(現在は不参加)した、
JUNKO SHIMADAのもう一つのブランドのこと。
 
クロスプレス社が展開。
 
位置づけは「エレガンスプレタ」
 
 
 
[クロスプラス公式サイトでの説明]
島田順子が培ってきた服作りに対するこだわり、クリエーションのエッセンスが輝いています。
時代の空気感をバランス良く取り入れながら、トレンドに左右されない普遍的な洋服の価値を大切にし
エレガントでセクシーで上品、新しい価値観を持つ現代の女性たちに広くアピールして行きます。
 
 
[JUNKO SHIMADA公式サイトでの情報]
パリ発信、日本企画編集のブランド。
パリコレクションのエッセンスを取入れ、
島田順子の服作りのこだわりを時代に合わせて提案。
 
 
 
 
 
 
 
 

「JUNKO SHIMADA」と「49avenue.junkoshimada」の違いまとめ

 
ブランド公式サイトなど参考。
 
 

 

 

項目 JUNKO SHIMADA 49avenue.junkoshimada
設立

1981年

1981年

参加コレクション

パリコレクション

(プレタポルテ部門)

東京コレクション

 

*現在は不参加

ターゲット年齢 30-50代 30-50代
コンセプト

パリのエスプリ漂う、

都会的な女性達に向けたブランド。

エレガントでセクシーで上品、

新しい価値観を持つ

現代の女性たち向け。

出店先 百貨店 百貨店
店舗数 少ない  JUNKO SHIMADAより多い 
価格帯

オンラインショップでは

取り扱いが少ないため不明

3-5万円くらいが中心 

 

 

 

[公式通販情報]

2つのラインを比較したい場合はこちらから。

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)