FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[紳士服AOKIホールディングス2業態] AOKIとORIHICA

 
 紳士服大手のAOKI HDの子会社扱いの株式会社アオキが全国展開する、 

  • AOKI
  • ORIHICA

 
の違い情報。
 
 
 

AOKIとは?

 
 
 
AOKIとは、AOKI HD傘下の株式会社アオキのメイン紳士服業態。
会社沿革によると1958年に「洋服の青木」という店名で長野県にて創業。
 
全国各地の大きな道路のロードサイドに出店。
上戸彩さんが長くCMキャラクターを務めていることでも有名。
 
 
 
[AOKI HDのサイト掲載の業態説明文]
郊外のロードサイドを主としたチェーンストア方式で直営店舗を展開し、
流通革命によるスーツの高品質低価格を実現してきた「AOKI」。
さらに、レディースを含めたトータルスタイリングストアへの進化を果たすことで
変化の激しいメンズファッション業界内に確かな地位を築き、さらなる進化・発展を目指しています。
 
 
 
 


ORIHICAの違いとは?

 
 
「ORIHICA」とは、株式会社AOKIのもう一つの紳士服業態。
そして聞き慣れない単語の「ORIHICA」とは、「Original High Category」の略。
 
店舗数は「AOKI」店舗数と比べると少なく、
イオンモールなどの全国のショッピングセンターに主に出店。
 
そして、ショッピングセンターにはたくさんの低威嚇ブランドが集まっているように、
AOKI業態より明確に安い価格設定。
また、AOKI業態よりも日常シーン向け(オフタイム)衣料多めであるようです。
 
 
 
 
[ORIHICAという業態名の由来(公式サイト記載情報)]
ORiginal=独創的で、
HIgh=高いレベルで、
CAtegory=違う切り口、
という3つのキーワードの頭文字からネーミングされました。
 
 
 
[公式サイト掲載のコンセプト]
ORIHICAのブランドコンセプトは”Key to the new lifestyle”。
世代の、時代の、そして次世代のライフスタイルの”鍵”となる。
お客様もスタッフも常に新たな楽しさを見つけられるブランドとして、
2004年秋冬からコレクションをスタートしました。
 
 
 
 
[商品構成に関するAOKI HDサイトでの説明]
世界のファッション情報が集まる街「表参道」をルーツとするブランドとして、
ビジネス、カジュアル、レディースの各アイテムを展開。
英国人のクリエイティブ・ディレクター、サリーム・ダロンヴィル氏を迎え、
モダンブリティッシュを基本としながらも日本のエッセンスを融合した服づくりが、
ファッション感度が高いお客様の支持を集めています。
 
 
 
 
 
 
 
 


 

AOKIとORIHICAの違い

 
 

 

 

項目 AOKI ORIHICA
スタート

1958年

(洋服の青木として)

2004年

位置づけ・

コンセプト

メイン業態

■低価格業態

■ロンドン系内装

品揃え特徴

紳士服中心

紳士服

日常衣料

店舗数

(2016年3月)

567店舗 144店舗

出店場所

ロードサイド

ショッピングセンター

駅ビル

対象性別 男女 男女
商品単価

5万円前後

(スーツ上下)

2-3万円

(スーツ上下)

ターゲット年齢層 公式情報なし 

 

こちらも公式情報は

ないものの、

買いやすい価格のため、

若い世代をより意識した

業態と思われます

(予測)

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)