FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

タカキュー各業態用語:TAKA-Q、semantic design、mf editional、Wilkes Bashford

 
 
 
株式会社タカキューが全国展開する様々な業態
 

  • TAKA-Q(MALE&Co)
  • semantic design
  • m.f editional
  • Wilkes Bashford

 
などのターゲット年齢層・価格帯などの違い説明。
 
なお、各業態の大半は全国のイオンモール内にあり。
 
 
 
[注記]
MALE&Co(メイル・アンド・コー)という店に関しては、
「TAKA-Q」と同じディビジョン扱いとなっているものの、
具体的に「TAKA-Q」業態とどんな微妙な違いがあるのかは、まったく不明です。
 
会社サイトにも説明がないため、とりあえず同じものとしていますが、
どうしても知りたい場合は会社・お店側にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAKA-Q(MALES&Co)とは?

 
 
「TAKA-Q」という業態とは、
MALE&COという店名で展開している一部店舗と合計で店舗数などが計測されていて、
2016年2月末時点にてMALE&Co店舗含めて175店を全国展開している、
タカキュー社の主力業態。
 
*MALE&COという名前の店舗は全体の2割前後。
 
 
 
 
会社HP資料によるとターゲットは
「団塊世代の男性、団塊ジュニアの男女」
とアラフォー世代から70歳前後までかなり幅広い世代がターゲットであるようです。
 
特徴的にはビジネスからカジュアル系まで幅広い商品を扱っているようです。
 
出店先は全国のイオンモールなどのショッピングセンターが中心で、
一部大都市大型路面店もあり。
なお、ウィメンズの取り扱いがない店舗もあるので要注意。
 
また、MALE&COという店舗はMALE(男性)という文字が入っているため、
ウィメンズなしのメンズ専門店のことかと思いきや、
MALE&COという店舗でもすべではないながらウィメンズ取扱あり。
 
 
 
 
[会社資料掲載の業態特徴]
大人に向けた一段上質なアイテムをトータルコー ディネイトで提案する品揃え型ショップで、
ビジネス,カジュアル衣料全般及び小物、雑貨を展開。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAKA-Q店舗とMALE&CO(メイル&コー)とどう違うのか?

 
 
MALE&COという看板で出店している施設自体のHPにて
業態説明文を探してみました。
 
 
以下を分析すると、
「トータルコーディネート提案」
「ヤング(団塊Jr専門店?)」
といったところがヒントかもしれないものの、
こういった業態説明文をみても、TAKA-Qとの明確な違いはいまいち不明です。
 
 
 
 
[MALE&COゆめタウン佐賀HPでのMALE&CO店舗説明]
私たちは「お客様満足業」を目指しています。
「ENJOY FASHION! ENJOY LIFE!」
(ファッションは楽しいものである。ファッションを楽しむ事が人生を楽しむ事につながっている) をテーマに掲げ、
ヤングカジュアル衣料及びビジネス衣料を高感度・高品質・リーズナブルプライスで
お客様にコーディネート提案していく、メンズファッション専門店です。
 
 
[MALE&COイオンモール浦和美園店での業態説明]
スーツをはじめ、シャツ、ネクタイ、小物まで、
トータルコーディネートでご提案させていただいております。
ビジネスアイテムはもちろん、
結婚式などのパーティシーンで活躍するアイテムも取りそろえておりますので、お近くにお越しの際はぜひ!
 
 
 
[MALE&Co.トレッサ横浜店の施設HPでの業態説明]
ビジネスからカジュアルまで、幅広くトータルコーディネートするメンズショップ。
「カッコいい大人をつくる、ステキな夫、ステキな男になって欲しい」
をキーワードにしたスタイルをトー タルコーディネートで提案します。
 
 
 
 
[MALE&Coというものに関して]
*なお、オンラインショップで"MALE&CO"と検索しても該当商品がないため、
オンラインショップを見る限りでは、「Male&co」というブランドはない模様(未確定情報)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

セマンティックデザイン(semantic design)とは?

 
 
 
セマンティックデザイン(semantic design)とは、
会社HP資料によると20代から40代の男性のみを対象にしたカジュアル系業態。
 
メンズ専門業態ながら全国に約50店舗出店していて、
会社にとって2番目に大きな業態。
 
 
 
[ターゲット]
20歳から40歳代の男性
 
 
[特徴]
ボトムをメインに洗練された旬のデザインのカジュアル衣料及び小物、雑貨を展開
 
 
 
 
 
 

m.f editional(Men、Women)とは?

 
 
 
 
「m.f editional(エム・エフ・エディショナル)」とは、
高年齢層の紳士服系企業のイメージが強いタカキュー社の中において、
アラサー世代の若い男女をターゲットにした、女性商品も充実した業態。
 
 
 
[ターゲット]
25歳から35歳の男女
 
 
[特徴]
大人の男女のエレガンスカジュアルを中心としたトータルスタイリングで、
ビジネス,カジュアル衣料全般及び小物、雑貨を展開。
 
 
 
 
 
 
 

ウィルクス・バシュフォード(Wilkes Bashford)とは?

 
 
 
Wilkes Bashfordとは、
会社HP資料によると、タカキュー社における団塊世代の男性のみを明確なターゲットにした業態。
 
店舗数はわずかでショッピングセンターに出店。
 
なお、ビジネス&カジュアルという点ではメイン業態の「TAKA-Q」とかぶるものの、
「TAKA-Q」業態と違い、
オンラインショップでスーツを探したところ、スーツ商品は何も見つからなかったため、
ジャケットのようなビジネス系商品の取り扱いはあっても、上下セットのスーツ商品はないようです。
 
価格帯はかなり幅広い傾向。
 
 
 
 
[ターゲット]
団塊世代の男性
 
 
[特徴]
ゆとりある生活を楽しむ大人たちに向けた上質感あるショップで、
ビジネス,カジュアル衣料全般及び小物、雑貨を展開。
 
 
 
 
 
 

各業態の違い比較

 
 

 

項目 TAKA-Q

semantic design

(メンズのみ)

m.f editional

Wilkes

Bashford

(メンズのみ)

店舗数

(2016年2月末)

 

175店舗

 

*Male&co

店舗込み

 

*ウィメンズ

なし店舗もあり

 

46店舗 34店舗 5店舗
ターゲット

団塊世代男女

団塊ジュニア男女

20代から

40代の男性

 

25歳から

35歳の男女

 

こちらは

ウィメンズ

も充実

 

団塊世代の

男性

業態特徴

ビジネス系から

カジュアル系まで

幅広く扱う

メンズのみ。

 

ボトム商品メインに

小物,雑貨も扱う

 

資料によると

「大人の男女の

ための

エレガンス

カジュアル」

 

メンズのみ。

 

上質な

ビジネス&

カジュアル衣料

業態名と

同じ名前の

ブランドの

価格帯

 

[スーツ系]

3-5万円

 

[日常服]

3000円から

5000円くらい

 

3000円から

5000円くらい

3000円から

5000円くらい

 

2000円前後から

2万円以上まで

幅広い傾向

 

ジャケットは

あっても

スーツ(上下セット)

はなし

 

主な出店先

SC

路面店

SC SC SC

 

 

 

[その他業態]

  • SHIRT CODE・・・・・ビジネスマンとOLターゲットのシャツ店
  • around the shoes・・・・・靴のセレクトショップで20代から40代向け

 

 

 


 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)