FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[(株)ジュンアシダ] JUN ASHIDAとTAE ASHIDAとmiss ashida

 
 
株式会社ジュンアシダの展開ブランド、
 

  • ジュンアシダ(JUN ASHIDA)
  • タエアシダ(TAE ASHIDA)
  • ミスアシダ(miss ashida)

 
のターゲットや規模、通販有無、価格帯などの違い情報。
 
 
[注記]
miss ashidaというブランドに関しては情報が少ないので、
もしちょっとした間違いがありましたら加筆・修正させていただく場合があります。
公式的な情報を知りたい場合ははブランド側にお問い合わせください。
 
 

株式会社ジュンアシダ公式サイト

 

 

 

ジュンアシダ(JUN ASHIDA)

 
 
 
「ジュンアシダ(JUN ASHIDA)」
というブランドとは、公式サイトの歴史情報によると、
高島屋顧問デザイナー、そして皇室デザイナーとして活躍していた芦田淳さんによる、
オンラインカタログを参考にすると最も高い商品は50万円を超える、1963年設立の世界的なブランド。
 
パリコレ参加時期もあり、パリに直営店あり。
2013年にはメゾン設立50周年を迎える。
 
東京コレクションには期間外で参加。
 
 

ジュンアシダ(JUN ASHIDA)ブランド公式サイト

 

 
 


タエアシダ(TAE ASHIDA)

 
 
「タエアシダ(TAE ASHIDA)」とは、
1991年にmiss ashidaをスタートした芦田淳氏の娘である芦田多恵氏が
2012年秋の2013年春夏シーズンから新たにスタートしたブランド。
 
その前までは「miss ashida」ブランドにて東京コレクションに参加していたものの、
「TAE ASHIDA」ブランド設立と共にこのブランドでの東京コレクション参加がスタート。
 
以降、東京コレクション内の最高ランクのショー扱いされている、
東京コレクションの中心的ブランドに。
ショーには国際的に活躍しているモデルが毎回登場。
 
 
直営路面店はなく、
ジュンアシダ直営路面店内や全国の百貨店内にて販売。
 
 
 
 
[東京コレクション公式サイトでのブランド紹介]
グラフィカルに、シャープに、デイウエアからイヴニングまで豊富なラインナップは
高品質な素材に都会的で洗練されたシルエットをのせて。
様々なシーンを持つ大人の女性に向けたコレクション。
また“レザーパッツ”のように女性ならではの感性が生み出す機能的でエレガントなオリジナルアイテムも揃う。
 
<p> </p> <p><a href="http://www.jun-ashida.co.jp/ta/jp/index.html" target="_blank">「タエアシダ(TAE ASHIDA)」公式サイト</a></p> <p><a href="http://amazonfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/tae-ashida/" target="_blank">東京コレクション「TAE ASHIDA」情報ディレトクリ</a></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p>■2017SS東京コレクション公式映像</p> <p><iframe src="https://www.youtube.com/embed/hl8juJ7ONRk?rel=0" width="560" height="315" frameborder="0"></iframe></p> <p> </p> <p> </p>

 
 


ミスアシダ(miss ashida)

 
 
「ミスアシダ(miss ashida)」とは、
1991年に芦田多恵氏がスタートした、同氏はじめてのブランド。
 
そして、このブランドにて長く東京コレクションに参加。
2012年春開催の2012-2013AWまではこのブランドで参加していたものの、
2013SSから「TAE ASHIDA」での参加となったため、
このブランドは消滅したといわれるほど影の薄ブランドに。
 
ただし、ブランドが消滅したわけではなく、
公式サイトはないものの公式FACEBOOKアカウントはあり。
 
 
そして、こちらは三越と伊勢丹の直営オンラインショップにて
2016年1月から取り扱いがスタート。
 
公式サイトがないため、このブランドの取扱店に関する公式情報は見当たらないので、
取扱店情報などはブランド側まで問い合わせてみてください。
 
 

 

miss ashida公式FACEBOOK

https://www.facebook.com/missashida.jp

 

 

東京コレクション「TAE ASHIDA/missashida」情報カテゴリ

 

 

 

[公式通販]

・伊勢丹オンラインストア TOP

・三越オンラインストア TOP

トップページから「miss ashida」で検索すると商品が見つかります。

 

 

価格帯的には、タエアシダよりこちらのほうが安いようです。

 

 

伊勢丹オンラインストア

 

 

 

 

JUN ASHIDAとTAE ASHIDAとmiss ashidaの違い比較

 

 

項目 JUN ASHIDA TAE ASHIDA miss ashida
デザイナー 芦田淳 芦田多恵 芦田多恵
ブランド設立 1963年 2012年 1991年
 対象性別 女性 女性  女性 
主な取扱店

直営路面店

百貨店内

直営路面店

百貨店内

△情報なし
参加コレクション

東京コレクション

(期間外開催)

東京コレクション

現在は不参加。

2012年春までは

参加していた

独自公式サイト

あり

あり

×なし

(FACEBOOK

だけあり)

ネット通販 なし なし あり
価格帯

 

5万円から

50万円くらい

(公式サイトの

カタログ価格参考)

 

最高級

 

5万円から

30万円くらい

(公式サイトの

カタログ価格参考)

5万円から

20万円くらい

 

通販見る限り

一番低価格

 

カタログやネット通販はそんなに掲載商品は多くないため、

実際の実店舗商品すべての価格帯とは少しズレがある可能性かあります。

 

 

 

 

 


 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)