FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

ケイトスペード(kate spade)とジャックスペード(JACK SPADE)

 
 
NY拠点の世界的ブランド、

  • ケイトスペード(kate spade new york)
  • ジャックスペード(JACK SPADE)

意味合いや歴史、ターゲットなどの違い情報。
 
 
 
 

ケイトスペード(正式名=kate spade new york)

 
 
「ケイトスペード(正式名=kate spade new york)」とは、
妻のケイト・ブロスナンと夫のアンディ・スペードが1993年スタートした、
バッグ発祥のNY系レディース&ガール(女児)ターゲットのブランド。
 
カラフルな色遣いが最大の特徴で世界の中で日本での人気が特に高い。
価格帯も安め。
 
大人商品のメインターゲットは25歳から35歳くらい。
 
国内店舗は日本法人の株式会社ケイト・スペード ジャパンの運営で、
路面店からアウトレットモールまで様々な場所にたくさんの直営店あり。
 
 
 
 
歴史
ファッション誌の編集者だったケイト・ブロスナンが夫のアンディ・スペードと共に
1993年にバッグブランドとしてスタートし、
「ナイロンバッグ」のヒットで一躍注目を浴び、NYを代表するバッグブランドに。
 
その後、アパレルなどにジャンルを広げ、NYコレクションの代表的ブランドに成長。
2008年からはデボラ・ロイドがディレクター兼社長に就任。
 
 
[集英社FLAG SHOPでのブランド説明]
1993年にニューヨークで誕生したケイト・スペード ニューヨークは、
ハンドバッグを中心にアパレル、シューズ、アクセサリー、時計、ホームコレクションなどを展開するライフスタイルブランド。
女性達にクリエイティブでカラフルなライフスタイルを提案します。
 
 

 

ケイトスペード日本公式HP

ケイトスペード英語公式HP

 

 

[主な外部公式通販]

kate spade通販 集英社FLAG SHOP

 

 

 

 

 


 

 

ジャックスペード(JACK SPADE)

 
 
ジャックスペード(JACK SPADE)とは、
一言でいうと、ケイトスペードのメンズラインのブランド名
(なお、ケイトスペードは女児向け商品があるものの、こちらは男児向け商品は見当たらず)
 
こちらはケイトスペード設立から3年後の1996年にスタートしたそうです。
 
こちらもバッグ中心のブランドで、衣料分野は少なめ。
また、カラフルで装飾性高いケイトスペードとは逆に、
こちらのメンズブランドは装飾性を省いたシンプル(ミニマリズム)なブランドで、
機能性の高さも特徴であるようです。
 
 
なお、こちらは店舗情報見てもほとんど日本店舗は見当たりません。
また、ニュースによるとkate spadeの店舗でも販売あり、
というようなニュースも見かけるものの、本当に売っている店もあるのか?
ある場合、katespade店舗の何割くらいで扱っているのかはいまいち不明。
 
バッグを買う場合はサイズの心配はいらないので通販もおすすめ。
 
 
 
 
[公式サイトでのブランド説明(中略)]
ジャック・スペードの歴史は、
「実用的なアイテムは、スタイリッシュにも機能的にもなりうる」というアイデアをもとに、
1996年ウォーレンストリートにあった工場から始まった。
 
無駄を省いたシンプルな作りと、意味を持った機能性、
そしてニューヨークという街で生活するためにデザインされたバッグは、
流行に左右されることなく、確固たる審美眼を持ち合わせた人々を中心に受け入れられていったのである。
 
以来、バッグで培われたアイデアを基に、
アパレル、服飾雑貨、時計なども展開し、トータルで提案するブランドとして成長した。
そして今もなお、ニューヨーカーのスタンダードとして街の男たちから愛され続けている。
 
 
 

 

ジャックスペード公式HP

 

 

 

 

[公式通販]

 

 

 


 
 
 

ケイトスペード(kate spade)とジャックスペード(JACK SPADE)の違い比較

 

 

項目

ケイトスペード

(kate spade)

ジャックスペード

(JACK SPADE)

位置づけ

メインブランド

(レディース&女児向け)

ケイトスペードのメンズライン

設立 1993年 1996年
参加ショー NYコレクション -
対象

女性

女児

 

*女児向け商品は

赤ちゃんから中学生くらいまで

男性

 

*オンラインストアを見る限り、

男児向け商品は見当たらず

ターゲット

 

[大人商品]

25歳から35歳くらい

 

[女児向け商品]

赤ちゃんから中学生くらい

 

公式情報ないものの

こちらも多分

ある程度若い世代向け

色遣いや

デザイン特徴

カラフル。

装飾性高い

無駄を省いたシンプルな作りで

機能性を重視している

主な商品構成

バッグ

財布

衣料

腕時計

アクセサリー

小物

食器

文具

 

こちらのほうが

ジャンル豊富

 

バッグ

財布

衣料

小物

価格帯

[バッグ]

4-7万円くらい

 

[財布]

3-4万円

 

[衣料(大人)]

5-10万円くらい

 

[衣料(子供)]

5000円から2万円くらい

 

 

レディースのほうが

全体的な価格帯が高い

 

 

[バッグ]

3-5万円くらい

 

[財布]

2-3万円

 

[衣料]

1-2万円

 

実店舗の

主な出店先

 

大都市路面店

百貨店

駅ビル

ショッピングセンター

アウトレットモール

 

すくないので傾向不明

直営通販 あり あり

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)