FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

VANQUISHとBlack by VANQUISH

 
 
 
株式会社せーのによる似たようなブランド、
 

  • VANQUISH
  • Black by VANQUISH

 
のターゲットや価格帯などの違い比較。
 

株式会社せーの

 

 

VANQUISH(ヴァンキッシュ)

 
 
「VANQUISH」とは、
古くから渋谷系の男性達の間で強い人気があるというメンズブランド。
いわゆる"お兄系"と呼ばれてきたブランドの代表格。
 
店舗としては渋谷109メンズをはじめとして
パルコなどの若者向け駅ビルに出店。
 
日本はもちろん、現在では世界各地に取扱店があるグローバルなブランド。
 
 
 
[ZOZOTOWNでのブランド説明]
洗練された理想の男性像を体現すべく、ベーシックなデザインをベースに、
シーズン毎にトレンドを取り入れた遊び心あるスタイルを提案するブランド、VANQUISHを取り扱う。
 
 
 


Black by VANQUISH(ブラックbyヴァンキッシュ)

 
 
Black by VANQUISH(ブラックbyヴァンキッシュ)とは、
東京コレクション公式サイトを参考にすると、
2014年でブランド生誕10周年を迎えた「MURDER LICENSE」というブランドが、
10周年過ぎたのを機にブランド名を「Black by VANQUISH 」に刷新して
2015年にリニューアルスタートしたブランド。
 
そして、2015年春には東京コレクションに公式日程内で参加。
VANQUISH同様に世界展開を視野に入れたデザイナーズブランド。
 
前身ブランドのテーマが"BLACK"であったため、
新ブランドにもBLACKというブランド名が入ったそうです。
 
ただし、デザイナーズブランドながら
価格帯はVANQUISHと特に変わりなし。
 
店舗としては、単独直営店のほか、VANQUISHの直営店で販売されているという形のようです。
 
 
 
[ZOZOTOWNでのブランド説明]
ブランド設立時より”BLACK”をテーマに掲げ、
若者のファッションシーンを牽引してきたMURDER LICENSE。
2014年でブランド生誕10周年を迎えたMURDER LICENSEは、
それまでの10年で築き上げた成果に充足することなく、
その先にある次なるビジョンを見据え、ブランド名を”Black by VANQUISH"に刷新しました。
グローバルに展開する兄弟ブランド”VANQUISH”の名を投影することで、
世界展開も視野に入れたブランドとして、新たなスタートを切ります。
 
 
 


VANQUISHとBlack by VANQUISHの違い比較

 
 

 

項目 VANQUISH Black by VANQUISH
位置づけ

渋谷系ブランド

 

渋谷系ブランド

デザイナーズブランド

 

テーマ=ブラック

 

スタート

△2004年

(未確定)

2015年 
デザイナー

不明

 

城山隼人氏

(19874年生まれ)

参加コレクション

(最近)

東京コレクション 
ターゲット

 

渋谷系の

若い男性

 

公式情報なし
実店舗情報

 

若者向け

駅ビルに出店

 

単独直営店があるほか、

VANQUISH直営店内

にて販売

中心価格帯

 

5000円から

1.5万円くらい 

 

5000円から

1.5万円くらい

高価格商品

(アウターなど)

 

1.5万円から

5万円くらい

 

1.5万円から

5万円くらい

公式ツイッター

フォロワー数

(2016)

約6000人 約1000人 

公式インスタ

フォロワー数

(2016)

約1.2万人 約1000人

WEAR投稿数

(2016)

約2500件 約400件

 

価格帯は同じくらい。

そんなに違いがないため、詳しく知りたい場合はメーカー側にお問い合わせください。

 

 

 

 

マルイウェブチャネルで通販購入可能

マルイウェブチャネルの総合トップへリンク

マルイのメンズアイテムはコチラから

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)