FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[アダストリア(ショッピングセンター向け)] GLOBAL WORKとLAKOLE

 
 
 
大手アパレルメーカー・アダストリア社による、
2つのショッピングセンター向け低価格業態(ファミリーブランド)、

  • GLOBAL WORK(グローバルワーク)
  • LAKOLE(ラコレ)

のコンセプトやターゲット、取扱商品などの違い比較。
 
 
アダストリア社
http://www.adastria.co.jp/
 
 
 
 

グローバルワーク(GLOBAL WORK)とは?

 
 
 
 
大人の男女とその子供が対象のファミリーブランドで、
アダストリア社全体でも最も高い年間売り上げ高を誇るブランド
「グローバルワーク」は、
 
 

  • 20代から30代の男女とその子供(2-6才くらい)
  • 衣料品に特化
  • 低価格
  • ショッピングセンターに出店
  • 店舗面積が広い
  • ベーシックとシーズントレンドをMIX

 
こういった特徴を持つブランド。
 
ただし、製品の機能性の高さは特に追及してはいないようで、
ファストファッション寄りのブランド。
 
 
 
 
【会社HPでのブランド説明】
新しさのあるベーシックとシーズントレンドをMIXし、
新鮮で着易いファッションを買い易い価格で世界中の人々に提案します。
 
 

公式通販

 

 

 

実際の顧客年齢層のチェック

WEAR「GLOBAL WORK」カテゴリ

 


 
 

 

LAKOLE(ラコレ)とは?

 
 
 
「LAKOLE(ラコレ)」とは、
アダストリア社が2017年春に新規スタートした、同社のグローバルワークとは違い、
衣料のほか、色々なものを扱うライフスタイル提案型の新ブランド。
 
こちらはスタート時点では路面店予定はないほか、
フェアサプライにこだわったブランドではないので完全にはKOEとは競合しないものの、
ライフスタイル系という意味で、かなり競合企業として有名な、
ストライプインターナショナルのKOEと競合する存在。
 
 
そして、公式情報によると機能性を求めた商品を展開するブランドのようなので、
製品作りの部分においては、ファストリテイリングのユニクロとかぶる部分もあり、
ユニクロは生活用品は販売していないものの、
KOEとユニクロの両方を合わせて1/2にしたようなブランドのようです。
 
 
 
【主な特徴】
日常の小さなストレスを軽減する機能「ライフ・ファンクション」を盛り込むことがテーマで、

  • 防汚
  • 撥水
  • ドライタッチ
  • 汗ジミ軽減
  • 高触感
  • UVカット
  • 軽量

といった機能により、日常の医療絡みのストレスを軽くする商品手を展開。
 
 
 
 
 
【会社HPでのブランド説明】
日常のちいさなストレスを軽減する「ライフ・ファンクション」を搭載。
LAKOLEは「アレも、コレも、ラクに。」をコンセプトに、
数多くの「ライフ・ファンクション」を開発し、より多くのお客さまの生活を「ラク」にしていきます。
 
 
 
公式サイト/直営通販サイト
http://www.dot-st.com/cp/lakole_lifefunction/
 
 

GLOBAL WORKとLAKOLEの比較

 

 

 

項目 GLOBAL WORK LAKOLE
ジャンル

低価格カジュアル衣料

(ファストファッション寄り)

 

■ライフスタイル提案ブランド

■機能性衣料

 

主な取り扱い商品

衣料

 

衣料特化

 

衣料

生活雑貨

 

商品幅広い

 

コンセプト

ベーシックと

シーズントレンドをMIX

 


  • 防汚
  • UVカット
  • 軽量
  • 高触感
  • 汗ジミ軽減機能

 

など、

衣服の改良で実現する

日常のストレスを軽減を

指標とした商品を展開。

 

ユニクロと同じような

製品コンセプト

 

他社競合

 

SEVEN DAYS SUNDAY

(ストライプ社)

 

GU

Avail

coen

 

 

KOE

(ストライプ社)

 

ユニクロ

GAP

無印良品

 

対象性別

・カテゴリ

メンズ

レディース

キッズ

 

メンズ

レディース

キッズ

 

対象年齢

20-30代男女

子供(2-6才くらい)

 

[会社HP情報]

エイジレス

ジェンダーレス

 

こちらはユニクロのように

老若男女幅広い世代が

ターゲットのようです

 

主な出店先

SC SC
標準店舗面積 150坪  150坪
中心価格帯

3000円から

5000円くらい

 

こちらも薄手商品は

2000円程度

 

2000円から

5000円くらい

 

こちらは

2000円くらいの

商品がグローバルワークより

少し多い可能性あり

(まだはっきりせず)

 

国内店舗数

(2015年2月期末)

178店舗

2017年度

10店舗目標

年間売上高

(2015年2月期)

*国内

302億円

2017年度

20億円目標

WEAR投稿数

(2017)

 

約13万件

(総合ランキング上位)

 

-

 

*SC=ショッピングセンター

*駅ビル(ファッションビル)=百貨店ではないマルイ、パルコ、ルミネといった施設

 

 

 

[まとめ]

大手メーカーによる大型ファミリーブランドという点では共通するものの、

取扱商品領域やコンセプトに大きな違いがあり、だいぶ性格が違うブランド。

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)