FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

goukとgouk雅とgouk侍とKUNIKUNIの違い

 
 
 
株式会社KINCSという会社が運営する、
東京コレクション参加の和風ブランド「gouk(読み方=ゴウク)」内に存在する様々なライン、

  • gouk
  • gouk雅
  • gouk侍
  • kikou

の位置づけやターゲット・コンセプトなどの違い比較。
 
 

 

gouk公式サイト

東京コレクション公式サイト「gouk」情報ディレクトリ

株式会社KINCS

 

 
 

 

gouk

 
 
「gouk」とは、
デザイナー・國友剛さんが2001年にスタートした「和」をテーマにしたブランド。
そして、このブランドにて東京コレクションにも不定期参加している。
細かく言うと「温故知新」「花鳥風月」という2つのキーワードがテーマであるそうです。
 
東京コレクションでは女性モデルしか登場しないものの、
東京コレクション公式サイトでの分類上では
「Men's & Women's Wear(Ready To Wear)」と書かれています。
ただし、オンラインストアの品揃え見る限り、はやりレディースのみ。
 
オンラインストアを参考にすると価格帯は1-2万円くらい。 
 
 
 
 
[東京コレクション公式サイトでのブランド説明]
「T.KUNITOMO」デザイナーの國友剛が2001年からスタートした
「和」をテーマに展開するカジュアル&モード系ブランド。
古き時代が持つ懐かしさや温かさ、そんな日本を再発見する「温故知新」、
自然の中に織りなす雅やかで優雅な世界、
そして幽玄で深遠なる世界を表現する「花鳥風月」という2つのテーマで展開する。
 
 

 
 
 

gouk雅(MIYABI)

 
 
「gouk雅(MIYABI)」とは、
公式的な書く説明文を参考にすると、
「和ロリータ」をテーマとした女性向けブランド。
 
通販価格参考にすると価格帯はgouk同様のようです。
 
 
[会社HPでの説明]
goukが表現する和に、妖艶さと華やかさを加えた「艶華(エンファ)」な和ロリータスタイル。
 
 
[東京コレクション公式サイトでの説明]
「和のロリータパンク」を表現する新しいライン
 
 
 
 
 

gouk侍(SAMURAI)

 
 
「gouk侍(SAMURAI)」というブランドとは、
侍という名前が付く通り、ずばりgoukのメンズブランドのことであるそうです。
そして、幕末あたり日本の男性をイメージしているそうです。
 
 
[会社HPでの説明]
2015年春、goukのメンズが“gouk侍”として正式にブランドデビュー。
江戸から明治になった頃の、日本の男達をイメージ。
 
 
 
 
 
 

kikou

 
「kikou」とは、
goukによる衣料ではなく、和をテーマにした雑貨系ブランドのこと。
なお、和柄生地単体の切り売りもあり。
 
こちらは全体的にかなり低価格。
 
 
[会社HPでの説明]
goukのオリジナル和雑貨コレクション。
 
 
[主な商品]

  • 扇子
  • 和風バッグ
  • 和風財布
  • 靴ひも
  • ベルト
  • 麦わら帽子
  • ネクタイ
  • 和柄生地

 
 
 
 
 
 

各ラインの違い比較

 

 

ライン名 位置づけ 対象

中心価格帯

(通販参考)

gouk

メインライン。

東京コレクション参加。

「温故知新」「花鳥風月」がテーマ。

女性

(メンズ不明)

1-2万円

gouk雅 和ロリータスタイルを表現 女性 1-2万円
gouk侍 メンズライン 男性 1-2万円
kikou goukのオリジナル和雑貨ライン -

1000円から

5000円くらい

 

 

 

各ラインを取り扱う直営オンラインストア

gouk公式オンラインストア Yahooショッピング内

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)