FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[株式会社キャン] サマンサモスモス系ブランド

 
 
 
大手メーカーであるストライプインターナショナル傘下の岡山企業(株)キャンによる
似たような名前のサマンサモスモス系ブランド、
 

  • サマンサモスモス(Samansa Mos2)
  • サマンサモスモスblue
  • サマンサモスモスLagom

 
の歴史やターゲット年齢などの違い情報。
 
 

 

株式会社ストライプインターナショナル

株式会社キャン

 

ストライプ社はアースミュージック&エコロジーなどを全国展開する、

岡山発祥の大手アパレルメーカーで、

会社沿革によると、(株)キャンは2012年にこの同郷企業の傘下に。

 

 


 
 

 
 

サマンサモスモス(Samansa Mos2)とは?

 
 
「サマンサモスモス(Samansa Mos2)」
というブランドは、
1964年の岡山のメーカーである株式会社キャンが1986年にスタートした、
同社の基幹事業であるレディースカジュアルブランド。
(バッグブランドのSamantha Thavasaとはスペルも違い、関係がないブランド)
 
 
そして、ロゴは"SM2"として長くやってきたものの、
会社沿革によると2013年にロゴが「Samansa Mos2」に変更。
(今でも略称は"SM2")
 
 
出店形態は、サマンサモスモスの単独店のほか、
キャン社内ブランドを扱う様々な名前の複合店があり、
ショッピングセンターを中心に数えきれないほどたくさんの店があり、
国内最大級の規模のレディースカジュアルブランドの一つであるようです。
 
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
「SM2」は、ココロの豊かさを求める女性たちに向けて、
「遊び心」を大切に「楽しさ・やさしさ・心地良さ」を提案するブランド。
ナチュラル感やぬくもりを感じられるような着心地の良い商品づくりを目指しています。
 
 
[ブランド名の由来(会社HP情報)]
米ソ冷戦時の1980年当時に、アメリカから
サマンサちゃんという小さな女の子が平和の使者としてソ連の首都であるモスクワを訪れる、
という出来事があり、その出来事がきっかけとなった誕生したブランドのため、
「サマンサ + モスクワ」にブランドのテーマである"遊び心"をプラスし、
「サマンサ・モスモス(MOS2)」と命名される。
 
 

 

サマンサモスモス公式サイト

 

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR:Samansa Mos2カテゴリ

 

 

 

主な公式通販

 

 

 

 

 


 
 


サマンサモスモス・ブルー(Samansa Mos2 blue)とは?

 
 
「サマンサモスモス・ブルー(Samansa Mos2 blue)」
とは、もともとはサマンサモスモスという名前はついておらず、
「B.L.U.E」というブランド名にて2001年にスタートしたベーシックカジュアルブランドで、
2015年に「B.L.U.E」から「Samansa Mos2 blue」に改名。
 
価格帯はサマンサモスモスと同じくらい。
そして、「Samansa Mos2 blue」 という単独店は見当たらず、
キャン社の様々な名前の店舗にて扱っている形態のようです。
 
 
 
 
[ブランド公式サイトでのブランド説明]
暮らしを楽しむDAILY WEAR。
デニムやチノなどのワークアイテムに合うWEARをキーワードに、
動きやすさ・素材・シルエットにこだわったラフでありながらも大人のベーシックカジュアルを提案します。
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
ナチュラルで気取らないおしゃれと、さりげないこだわりや遊びゴコロを大切にする女性のためのブランド。
インディゴブルーのような自然な心地良さ、優しい安心感、素材の味わいを感じられるライフスタイルを提案しています。
アメリカンヴィンテージの「ジーニング」「リラックス」「ワーク」をベースとした、
天然素材のベーシック感とトレンドを意識したアイテムとのミックスコーディネートで、
自由に、自然に、自分らしいスタイルをお届けします。
 
 


 
 

サマンサモスモスLagom(ラーゴム)とは?

 
 
「サマンサモスモス・ラーゴム(Lagom)」とは、
サマンサモスモス・ブルー同様にもともとはサマンサモスモスという名前はついておらず、
「LAGOM」というブランド名で2006年にスタートした子供服ブランド。
 
その後、Blueと同じタイミングで2015年に「Samansa Mos2 Lagom」に改名。
 
こちらも単独店は基本的にないような状態でキャンの各業態で取り扱う形で、
生地の面積が大人服より少ないためか、価格帯は大人服の半分くらい。
 
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
フレンチベーシックに遊び心とトレンド感をさりげなく取り入れた、心地良いキッズウェア。
子供本来の可愛らしさを引き立てるシンプルでナチュラルなデザインをベースに、シーズンエッセンスをほどよくmix。
毎日の生活に溶け込み、happyな気持ちにさせてくれる「お気に入り」。
着心地の良さを大切に、子供達の笑顔に似合うウェアを提案します。
 
 

 

サマンサモスモスLagom公式サイト

 

 

実際の顧客年齢層などのチェック

WEAR:Samansa Mos2 Lagomカテゴリ

 

 

 

 

公式通販 

 

 


 
 

各ブランドの違い比較

 

 

項目 サマンサモスモス

サマンサモスモス

blue

サマンサモスモス

Lagom

 設立 1986年  2001年 2006年 
位置づけ 会社の基幹事業

 

デニムやチノといった

ワークウェアに合う

ベーシックカジュアル

 

サマンサモスモス系

子供服ブランド

対象 女性  女性

子供

(男児、女児)

中心価格帯

 

5000円前後

(3000円から

7000円くらい)

 

5000円前後

(3000円から

7000円くらい)

3000円前後

(1000円から

5000円くらい)

主な出店先

SC

駅ビル

SC SC

店舗数

(2016)

 

多すぎるため

正確な数は不明

(推定200以上)

 

[取扱店]

約150店

[単独店]

1店舗のみ

 

[取扱店]

約70店舗

 

WEAR投稿数

(2016)

約1万件 かなり少数

[LAGOMカテゴリ]

約1500件

 

SC=イオンモールなどのショッピングセンター

駅ビル(ファッションビル)=マルイ、ルミネなどの非百貨店である商行施設

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)