FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[ラピーヌ] ピエールカルダンとピエールカルダン・リー二ュ(ligne)

 
 
 
大手婦人服メーカーの株式会社ラピーヌによる
海外の世界的ブランドのライセンス(名義借り)ブランド、
 

  • ピエールカルダン(pierre cardin)
  • ピエールカルダン・リーニュ(pierre cardin ligne)

 
のターゲットや価格帯、展開サイズなどの違い比較。
 
 
 
 
 

まずはじめにピエール・カルダンというデザイナーとは?

 
[本国公式サイト参考]
 
ピエール・カルダン(Pierre Cardin)とは、
1922年生まれのイタリア生まれフランス育ちの男性デザイナー。
 
1940年代にパリにて設立されたブランド
「クリスチャン・ディオール」にてイヴ・サンローランなどと共に創業時から働いたのち独立し、
自身のブランドをスタートし、世界的なデザイナーとなる。
 
 
 
 
 
[ピエール・カルダンとラピーヌ社の関係]
 
日本では、まずピエールカルダンジャパン株式会社という
高島屋と三井物産が主要株主となっているマスターライセンサー会社が存在し、
その中で、ピエールカルダンという名前を使ってブランドビジネスをしたい会社と
同社との契約により、
 

  • 既製服(=プレタポルテ)
  • フォーマルウェア
  • 財布
  • 腕時計
  • タオル

 
など、品種ごとに様々なライセンスブランド(名義貸しブランド)が存在。
 
そして、その中の
「既製服(=プレタポルテ)」
ブランドを担っているのが株式会社ラピーヌ、という構図。
 
 
 
 
ピエールカルダン日本総合サイト
ピエールカルダンジャパン株式会社が運営するサイト
 
ピエールカルダン本国公式サイト
 
 
 
 

ピエールカルダン(pierre cardin)

 
 
 
株式会社ラピーヌが展開する
「ピエールカルダン」というブランドとは、
日本における各ライセンスブランドの管理企業である
ピエールカルダンジャパン社とラピーヌ社との提携により展開されている
婦人服分野のプレタポルテ(既製服)ブランド。
 
ピエールカルダンジャパン社の主要株主である高島屋を中心に、
全国各地の百貨店にて販売。
 
 
 
[会社サイトでのブランド説明]
フランスファッション界を代表するデザイナーズプレタポルテ。
カルダンのもつ品格や個性と伝統を大切にしつつ、
生き方や考え方が明確で、自分らしさを大切にする本物志向の女性に向けたブランド。
 
 
 
[商品特徴]

  • フォルムの美しさと着心地の良い商品つくり。
  • 大胆なカッティングや配色使い、モダンなデザインディティール。
  • クリアなクチュールカラー。
  • 上質で高級感溢れる素材感(インポート素材を中心に素材構成)。

 
 
 
 

ピエールカルダン・リーニュ(pierre cardin ligne)

 
 
「ピエールカルダン・リーニュ(pierre cardin ligne)」
というブランドとは、
一言でいうとラピーヌ社のピエールカルダンブランドの大きいサイズ版ブランド。
そして、リーニュとはフランス語で「line、輪郭」といった意味。
 
 
店舗数は少数。
なお、百貨店内にて設けられていることが多い大きいサイズ店が並ぶ階層が主要出店先。
ただし、大きいサイズ売り場街が設けられていない場合は、
通常サイズ売り場と同じところで販売されている店もあるようです。
 
 
 
[商品特徴]
豊かなサイズを意識した、フォルムの美しさと着心地の良い商品作り 
 
 
 
 
 
 

ピエールカルダンとピエールカルダン・リー二ュの違い比較

 

 

項目 ピエールカルダン ピエールカルダン・リー二ュ
位置づけ メインブランド 大きいサイズ版
出店先

百貨店

婦人服売り場 

 

百貨店

大きいサイズ婦人服売り場

(大きいサイズ売り場

専門の階層がない店もあり)

 

店舗数

 

約35店舗

 

約10店舗

 

通販ないので価格帯は不明。

 

 

 

 

なお主要出店先の高島屋の通販サイトでは、

ラピーヌの商品ではなく他社によるライセンス商品であると思われるものの、

たくさんのピエールカルダン商品の取り扱いあり。

 

 

 

 

 

 

高島屋オンラインストア

 

 


 
 
 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
同一ブランド用語(衣)