[FASHION-GUIDE(Since 2008)]

 
[2020年3月公開] 年度別流行/服飾史(為になる雑学)

 

J.W.ANDERSONとUNIQLO×J.W.ANDERSON

 
 

ジェイダブリュ・アンダーソン(J.W.ANDERSON)

 
 
J.Wアンダーソン
(フルネーム=ジョナサン・ウィリアムズ・アンダーソン/1984年生まれ)
という北アイルランド(英国)出身の若手男性デザイナーが
ロンドンの世界的服飾学校を経てイタリアのプラダで働いたのち、
2008年に立ち上げたブランド。
当初はメンズのみだったが、2011年にはウィメンズも開始。
 
立ち上げてからロンドンコレクションに参加するようになり、
2010年代に入ると、バーバリーと並ぶ
ロンドンコレクションの中心的ブランドにまで成長。
 
そんな中、この若者に対してLVMHグループの老舗ブランド、
LOEWEからのオファーがかかり、2013年に20代の若さで
同ブランドのクリエイティブ・ディレクターにも就任。
(それ以降は2ブランドを兼任)
 
もともとは俳優を目指していた過去もあり、アメリカに住んでいた事もあり。
世界有数のイケメンデザイナーとしても知られる。
 
世界的な高級ブランドだけに商品単価はかなり高額
 
 
これまでにユニクロだけでなく

  • TOPSHOP(英国の世界的ファストファッションブランド)
  • Versus Versace(ミラノの高級ブランド・ヴェルサーチ系列)

とのコラボ歴があり。
 
 
YOOX内の直通カテゴリ直リンク

J.W.ANDERSONレディース通販 icon

 

J.W.ANDERSONメンズ通販 icon

 
 
 

ユニクロとの協業ライン「UNIQLO×J.W.ANDERSON」

 
これまでにジル・サンダー、高橋盾など
様々な世界的デザイナーとの協業を行ってきたユニクロが
2017年秋にスタートした、JWアンダーソンとのコラボライン。
 
アンダーソン氏の多忙さにより、毎シーズン、新商品が発表されるとは限らない。
またいつまで続くかも不明。
 
 
J.W.アンダーソンの商品同様にカラフルでポップな商品が多い。
そして、機能性とデザイン性を両立している事&圧倒的に値段が安い事が特徴
 
 
2020年春にはメンズ・レディースに続いてキッズもスタート。
 
 
 

2ブランドの比較

 

  J.W.ANDERSON UNIQLO×
J.W.ANDERSON

ジャンル

モード
(高級ファッション)
モードカジュアル

スタート

2008年 2017年

対象

メンズ
レディース

メンズ
レディース
キッズ


衣料の
商品単価


2万円から
20万円前後
(5万円から
10万円がコア価格帯)

3000円前後から
1万円台前半

色使い

カラフル カラフル

特徴

デザイン性が
とても高い

機能性と
デザイン性を両立



ファッションショー
への参加

ロンドン(ウィメンズ)
パリ(メンズ)
なし

 

YOOX.COM(ユークス)

 
 

 

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 

 
サイト全体メニュー

総合トップページ

トップページへのリンク。是非、ブックマーク宜しくお願いします。

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材/染色用語集

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

素材/繊維解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

色DB

色用語解説、メジャー/マイナーカラーの色見本、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

[雑学] 年度別の流行/ファッション史

2020年春新設。年度別の流行商品・流行色・ファッション業界の出来事、モデルのトレンド、活躍したデザイナーなど。この分野の歴史を大雑把に把握したい人向け

[雑学] 姉妹ブランド比較

同じフィールド内で競い合うライバルの歴史や人気、特徴などを比較

[雑学] ライバルブランド比較

同じ会社内に存在する、似たような姉妹ブランドのターゲットやコンセプトの違いを簡潔に説明