[FASHION-GUIDE(Since 2008)]

 
[2020年3月公開] 年度別流行/服飾史(為になる雑学)

A BATHING APEとMr.BATHING APE

 

A BATHING APE(通称BAPE)とは?

 
 
A BATHING APE(通称BAPE)とは
文化服装学院卒業後、中山秀征さんなどのスタイリストとして活躍していた
NIGO(長尾智明)さんという男性が
1993年、高橋盾さんと一緒に裏原宿エリアにて「NO WHERE」を開店し、
NOWHEREでのオリジナルブランド展開としてスタートしたブランド。
 
2002年にはヨーロッパ進出、以降アメリカやアジア各地に次々に進出。
2004年にはNIGOさんが世界的な雑誌「TIME」でも"アジアの英雄20人"に選出されたほか、
同時期に女優の牧瀬里穂さんと結婚し、知名度が国民的に。
 
年商50億円を超える巨大ブランドに成長するも、2009年に創業者が離脱。 
 
以後は、ストリート系ブランドから
幅広い人たちを対象としたストリートカジュアル系ブランドに変化。
 
 

 

BAPE公式サイト

 

 


 
 
 

Mr. BATHING APE(Mr. BATHING APE by UNITED ARROWS)

 
 
 
Mr. BATHING APEというブランドとは、
BAPEとセレクトショップ大手のユナイテッドアローズ社の協業で誕生した、
BAPEとは違った高級感を伴うメンズスーツ系/カジュアル系ブランド。
 
ただし、通販参考にするとスーツだけでなくTシャツなどの日常衣料の取り扱いもあり。
 
 
なお、BAPE公式サイトのほうには情報があるものの、
アローズ社の自社ブランド一覧には入っていないので、
BAPEを運営するノーウエア社のブランド扱いとなるようです。
 
ターゲットは公式情報ないものの、
2017年時点のイメージキャラクターは1994年生まれのモデル・浅野啓介さんなので、
ベテランサラリーマン世代ではなく、ヤングビジネスマン世代の推定のターゲット。
 
 
取扱店は、一部のBAPE STOREとオンライン。
 
 
 
【ZOZOでのブランド説明】
大人のためのラグジュアリーなBAPEを提案する「Mr. BATHING APE」
 
 
 

公式サイト

 

 

 

 


 

A BATHING APEとMr.BATHING APEの比較

 

 

 

項目 A BATHING APE Mr.BATHING APE
スタート 1993年 2010SSシーズン
対象性別

男性

女性

子供

成人男性
カテゴリ

(ストリート)カジュアル

 

メンズスーツ系

(日常衣料もあり)

 

中心価格帯

5000円から

3万円

 

[スーツ(上下セット)]

5-10万円

 

[日常衣料]

2-5万円

 

推定ターゲット

 

幅広い世代

(多分50代は少ない)

 

20代

△30代

取扱店 多数 少数

 

 

戦略変更で価格帯大きく変わる可能性あり。

 

 


 
 
 

 

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 

 
サイト全体メニュー

総合トップページ

トップページへのリンク。是非、ブックマーク宜しくお願いします。

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材/染色用語集

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

素材/繊維解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

色DB

色用語解説、メジャー/マイナーカラーの色見本、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

[雑学] 年度別の流行/ファッション史

2020年春新設。年度別の流行商品・流行色・ファッション業界の出来事、モデルのトレンド、活躍したデザイナーなど。この分野の歴史を大雑把に把握したい人向け

[雑学] 姉妹ブランド比較

同じフィールド内で競い合うライバルの歴史や人気、特徴などを比較

[雑学] ライバルブランド比較

同じ会社内に存在する、似たような姉妹ブランドのターゲットやコンセプトの違いを簡潔に説明