[FASHION-GUIDE(Since 2008)]

 
[2020年3月公開] 年度別流行/服飾史(為になる雑学)

John Lawrence SullivanとTHE SULLIVANS

 
 
日本の国際的ブランド「John Lawrence Sullivan」と、
その派生ブランド
「THE SULLIVANS(ザ・サリバンズ)」
の意味・特徴やターゲット・価格帯などの違い情報。
 
 
 
 
 

ジョン・ローレンス・サリバン(John Lawrence Sullivan)

 
 
「ジョン・ローレンス・サリバン(John Lawrence Sullivan)」
というブランドとは、
元プロボクサーであることで有名な柳川荒士さんというデザイナーによる
日本発祥のメンズ系ブランド。
 
東京コレクションコレクションを経てパリコレのメンズ部門に2013年頃まで参加。
その後、ショーへの参加休止期間を経て、
2016年秋、2017年1月開催のロンドンコレクション(メンズ部門)2017-2018AWにて
ロンドンコレクションに初参加。
 
中心価格帯はオンラインショップを参考にすると、
安いものは3万円くらいながら高いものは20万円前後と高級。
(ただし、Tシャツだけは1万円くらいと低価格)
 
 
 
 
[公式サイト掲載のブランド説明文]
2003年「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」を設立し、テーラードを軸としたメンズウェアを展開。
強さとエレガントさを持ち合わせた男性像を基本的コンセプトとしている。
また、2010年SSシーズンよりレディースラインも展開しており、
メンズテーラードの技術を駆使したシャープな印象が特徴的である。
 

 

John Lawrence Sullivan公式サイト・・・・・通販あり

 

 
 

派生ブランド「THE SULLIVANS(ザ・サリバンズ)」とは?

 
 
 
「THE SULLIVANS(ザ・サリバンズ)」とは、
ニュース記事などを参考にすると、
2010年にスタートしたジョンローレンスサリバンの派生ブランドで、
デザイナーの柳川氏がファッションの枠を超えて、
あらゆる分野のグラフィックデザイナー、イラストレーターなどとコラボし、
ジョンローレンスサリバンとは違う、斬新でアーティステックな商品を展開していくラインであるそうです。
 
そして、価格帯も手の届きやすい価格帯であることも特徴とニュースでは書かれています。
 
*以上のことはブランド設立時点での情報です。
 
 
どの店舗で扱っているかということや
最新の価格帯はどれくらいか、ということは
公式サイトには明記されていないのでブランド側に問い合わせる必要あり。
 
 
 
 
 
[WEAR.jpでのTHE SULLIVANSの説明(ZOZOでの通販はないので公式的情報かは不明)]
JOHN LAWRENCE SULLIVAN」が、ファッションの枠を超えて表現する新プロジェクト。
あらゆる分野で活躍するグラフィックデザイナーやイラストレーター、アートディレクターらとコラボレーションし、
これまでの「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」にはない斬新かつアーティスティックなコレクションを展開する。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 

 
サイト全体メニュー

総合トップページ

トップページへのリンク。是非、ブックマーク宜しくお願いします。

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材/染色用語集

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

素材/繊維解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

色DB

色用語解説、メジャー/マイナーカラーの色見本、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

[雑学] 年度別の流行/ファッション史

2020年春新設。年度別の流行商品・流行色・ファッション業界の出来事、モデルのトレンド、活躍したデザイナーなど。この分野の歴史を大雑把に把握したい人向け

[雑学] 姉妹ブランド比較

同じフィールド内で競い合うライバルの歴史や人気、特徴などを比較

[雑学] ライバルブランド比較

同じ会社内に存在する、似たような姉妹ブランドのターゲットやコンセプトの違いを簡潔に説明