[FASHION-GUIDE(Since 2008)]

 
[2020年3月公開] 年度別流行/服飾史(為になる雑学)

[(株)ニューヨーカー] NEWYORKERとSally ScottとNEWYORKER BLUEとNEWYORKER by KEITA MARUYAMA

 
 
 
海外のメーカーではなくダイドーリミテッド傘下の日本のメーカーである
(株)ニューヨーカーの似たような名前のブランド、

  • ニューヨーカー(NEWYORKER)
  • サリースコット(Sally Scott)
  • ニューヨーカーブルー(NEWYORKER BLUE)
  • NEWYORKER by KEITA MARUYAMA

 
のわかりづらい違い情報。
 
 

 

 

 

NY.online(ニューヨーカー直営通販ストア)

 

 

 

 

 

株式会社ダイドーリミテッド

 

 


 
 

ニューヨーカー(NEWYORKER)というブランドとは?

 
 
「ニューヨーカー(NEWYORKER)」
というブランドとは、1964年発祥の株式会社ニューヨーカーのメインブランド。
男女とも30-50代がメインターゲット。
 
 
[歴史(公式サイト情報)]
1964年に株式会社ダイドーリミテッド(旧社名=大同毛織株式会社)が
株式会社ニューヨーカーを設立したのが発祥で
国際的な日本のビジネスマンのためのブランドとしてスタートし、国内有数の紳士服ブランドとして定着。
その後、ウィメンズ部門もスタート。
2014年に50周年。
 
 
出店先は百貨店内を中心に、
マルイなどの駅ビル、イオンなどのショッピングセンター、
アウトレットモール、大都市路面店まで幅広い。
 
 
価格帯は一部ショッピングセンターの出店もあるように、
1万円以下の商品もあり、5000円から3万円が中心。
 
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも
時代の空気やトレンドのエッセンスをプラスしたスタイル提案を行っている「NEWYORKER」。
牧場経営、織物、衣料品の製造・販売までを自社グループで行う企業、
ダイドーリミテッドの歴史とノウハウがもの作りの姿勢に活きています。
NEWYORKERは、オリジナルタータン=「ハウスタータン」をブランドシンボルに、
より一層の“上質”を追求してまいります。
 
 
 

 
 

サリースコット(Sally Scott)

 
「サリースコット(Sally Scott)」とは、
株式会社ニューヨーカーの女性向け専門ブランド。
 
サリースコットという架空の人物の部屋をイメージした店舗内装が特徴だそうで、
百貨店内を中心に、小型の路面店もあり。
 
中心価格帯は1-3万円くらい。
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
「Sally Scott」は、少女のように純粋な気持ちを持ち、好奇心旺盛で、
いつも新しい自分を探し続けている架空の人物、サリー・スコットをイメージしたブランド です。
シーズンテーマは、サリー・スコットの生活の一部を切り取り、その時々の彼女の内面を反映させています。
サリー・スコットのワードローブが並ぶ部屋 ― それが「Sally Scott」のショップです。
ショップに並んだ家具や本、小物などを通じてサリー・スコットのパーソナリティを表現しています。
 
 
サリースコット(Sally Scott)公式サイト
https://www.sallyscott.com/
 

 
 

 
 

ニューヨーカーブルー(NEWYORKER BLUE)

 
 
「ニューヨーカーブルー(NEWYORKER BLUE)」というブランドとは、
 2014年に新規スタートした男女両方向けの、主にショッピングセンター向けブランド。
 
そして、たくさんの低価格ブランドが集まったショッピングセンター向け業態なので、
自社ブランド品の価格帯も5000円から1万円程度と明確に低価格。
 
なお、ショッピングセンターだけでなく大都市路面店も一部あり。
 
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
“気分にまかせ、お気に入りを身にまとう” 毎日着たいをコンセプトに、
遊び心のあるトラッドカジュアルスタイルを提案します。
ニューヨーカーが今日まで培ってきた“トラディショナルマインド”をベースに、
新しい日常の過ごし方を創像したときに、
“着たい”“欲しい”と思いたくなるものを提供する、そんなブランドを目指します。
 
 
 
ニューヨーカーブルー公式サイト
http://newyorkerblue.com/
 
 

NEWYORKER by KEITA MARUYAMA(ケイタマルヤマ)

 
 
 
「NEWYORKER by KEITA MARUYAMA(ケイタマルヤマ)」というブランドとは、
国際的デザイナーの丸山敬太さんをデザイナーに迎え、
NEWYORKERブランドから2009年に派生スタートしたメンズブランド。
レディースはなし。
 
単独直営店は全国の百貨店内にあるものの、規模は小さめ。
スーツ系商品(ジャケット/スラックスそれぞれの単品販売)の取り扱いもあり。
 
 
 
[会社HPでのブランド説明]
NEWYORKERの持つトラッドスタイルをベースに、
丸山敬太氏の遊び心あるデザインや、色彩豊かなカラーリングを自由、大胆にコーディネート。
シンプルでベーシックな中にも、大人の遊び心が表現されたモダンクラシックスタイルを提案します。
 
 
 
 
NEWYORKER by KEITA MARUYAMA公式サイト

http://ny-keitamaruyama.com/

 
 

 
 

各ブランドの違い比較

 

 

項目 ニューヨーカー サリースコット

ニューヨーカー

ブルー

ニューヨーカーby

ケイタマルヤマ

発祥年度 1964年 2002年 2014年 2009年

対象性別

子供服有無

男性

(メンズ中心)

女性

 

30-50代

男女向け

女性

 

男性

女性

 

低価格なので

多分幅広い

世代向け

 

男性

中心価格帯

(大人商品)

 

5000円から

3万円

 

5000円から

3万円

5000円から

1万円

 

低価格

 

2-3万円

日本での

主な出店先

 

百貨店

駅ビル

など幅広い

 

百貨店

路面店

SC

路面店

百貨店

 

単独直営店

(2016)

 

アウトレット

業態除く

 

推定100前後

(多すぎるので

正確な数不明)

14店舗

単独15店舗

 

その他一部の

NEWYORKER

店舗でも販売あり

11店舗

WEAR投稿数

(2016)

約500件 約300件 100件以下 約100件

 

 

 
 

 
 

 

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 

 
サイト全体メニュー

総合トップページ

トップページへのリンク。是非、ブックマーク宜しくお願いします。

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材/染色用語集

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

素材/繊維解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

色DB

色用語解説、メジャー/マイナーカラーの色見本、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

[雑学] 年度別の流行/ファッション史

2020年春新設。年度別の流行商品・流行色・ファッション業界の出来事、モデルのトレンド、活躍したデザイナーなど。この分野の歴史を大雑把に把握したい人向け

[雑学] 姉妹ブランド比較

同じフィールド内で競い合うライバルの歴史や人気、特徴などを比較

[雑学] ライバルブランド比較

同じ会社内に存在する、似たような姉妹ブランドのターゲットやコンセプトの違いを簡潔に説明