シュガーマトリックス社の2大ブランド比較

 
上品な系統の婦人衣料を提供するシュガーマトリックス社の2大看板ブランドを比較。何が違うのか分からない人向け。
 
 
 

ストロベリーフィールズ(STRAWBERRY-FIELDS)

 
古くから存在するシュガーマトリックス社の看板ブランド。
 
20代くらいの女性の間で極めて高い人気を誇ってきたと言われる。
 
出店先はファッションビル。
 
 
華やかな色合いの商品が多めながら、
対称的にフォーマル/モードな系統の黒い服もあり。
品揃えは幅広い。 
 
1万円から3万円の商品が多いものの、
3万円から5万円の値段がつけられているような高級系ドレスもあり。
 
 
推定メインターゲットはアラサー世代。
 
 
主な掲載雑誌

  • 美人百花
  • andGIRL
  • BAILA

 
 
 
ZOZOでの説明文
『心地よい時間を身にまとう場所』
着る人の個性を引き立てるベーシックなスタイルを基調に
オンオフすべてのオケージョンに対応、ひとりの女性の24時間。
 
 
 
 
 

ユニバーバルミューズ(UNIVERVAL MUSE)

 
 
こちらは2000年代後半に立ち上げられたブランド。
東京ガールズコレクションでデビュー。
一躍、若い女性層の間で脚光を浴びた。
 
こちらは主にストロベリーフィールズ店内で扱われていて
単独店はごくわずか。
 
こちらはトレンドを追いかけている事などが特徴。
 
 
 
会社のブランド説明に「女の子」という言葉が登場するため、
こちらはアラサー世代のほかに20代半ばあたりもターゲットにしているようです。
 
 
 
主な掲載雑誌

  • andGIRL

 
 
 
会社HPでのコンセプト説明
キャッチーでアクティブな遊び心とお洒落心をDNAに持った
ミューズ(=女神)達のためのブランド。
普段は自分をしっかりと持って前向きに生きる反面、
休日はちょっとかわいらしい女の子に変身できるような、
そんな女性のON・OFFスタイルを両面から提案。
 
 
唯一の単独店である名古屋ユニモール店での説明
トレンドに敏感な女の子のおしゃれ心を満たすブランド
 
 

UNIVERVAL MUSE(ユニバーバル ミューズ) マガシーク icon

 
 
 
 

2つの比較

 

  STRAWBERRY-FIELDS UNIVERVAL MUSE

コンセプト/系統

エレガンス/フェミニン系 トレンドに敏感な人向け
 
主な商品

ドレス/ワンピース ドレス/ワンピース 
主な出店先
ファッションビル


主に
ストロベリーフィールズ
直営店内で販売


直営店数
(2020年)

12店舗 1店舗
(単独店の数)
 
商品の
平均単価

1万から5万円
(高額なドレスがやや多い)
1万から3万円
 
推定の
メインターゲット

アラサー アラサー
20代半ば

 

MAGASEEK(マガシーク)

 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]