恵山株式会社のスイートカジュアル系ブランド比較

 
大手メーカー・恵山社のギャル系ブランド(ロイヤルパーティー/スパイラルガール)とは対照的なスイートカジュアル系ブランドの比較。
 
 

MIIA(ミーア)

 
2010年にスタート。
 
働く女性層に向けたスイートカジュアル系ブランド。
渋谷109などに出店しており、格安。
 
全体的には華やかなパステルカラー系商品が多め。
 
 
会社HP掲載のコンセプト
「NOT ONLY SWEET BUT FEMININE」
素材、シルエットにこだわり、ニーズに合わせて着心地を追求していく。
でも女性のハートをくすぐるディティールは忘れない。
ただカワイイだけじゃない、“大人カワイイ”にエフォートレスモードをプラス。
リアルコーデとトレンドをMIXし、働く女性のon/off styleを提案。
 
 
 
通常品/アウトレット品共に豊富

MIIA マガシーク icon

 
 

Roomy's(ルーミーズ)

 
こちらは「セレクトショップ」という位置づけ。
一方で、店の名前と同じである「Roomy's」というオリジナルラインを持っていて、一つのブランドとしての側面もあり。
 
イオン・ららぽーとなどのショッピングモールや
激安品が買えるアウトレットモールに出店している。
 
ただし、MIIAと比べて値段が安いという事はなく、
1万円未満の商品が中心ながらメイン商品のドレスは1万円台とやや高額。
 
 
オリジナルライン「Roomy's」は
パステルカラー系から落ち着いた雰囲気のモノトーン系まで幅広い商品を展開。
 
 
掲載雑誌や通販サイト・SNSのモデル年齢層から考えると
20代半ばからアラサー世代あたりがメインターゲット。
 
 
 
会社HP掲載のコンセプト
“Affordable Luxury”(手の届く贅沢)をコンセプトとしたセレクトショップ。
国内外のセレクト商品をミックスした、新感覚のコーディネートを楽しめる場所、それがRoomy'sです。
 
 
主な掲載ブランド

  • 美人百花

 
 
 
 

2ブランドの比較

 

  MIIA Roomy's
立ち上げ 2010年 不明

コンセプト


時にクールに
時に可愛くて女性らしい
スタイルを提案

手の届く
ラグジュアリー

色使い

赤/紫/ピンクや
パステルカラー系が多い

パステル系から
モノトーン系まで幅広い


主な出店先

ファッションビル  
ショッピングモール
アウトレットモール


店舗数
(2020年)

6店舗 13店舗
 
平均的な
商品単価

3000円から
1万円 
3000円から
2万円
(ドレスは高い)

推定の
メインターゲット


働く大人の女性
20代半ばから
アラサー世代

 
 

MAGASEEK(マガシーク)

 
 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]