kettyとketty cherieの違い

 
 

ketty(ケティ)

 
Javaグループの主力ブランドの一つ。
異性ではなく同性に愛されるような、
上品な大人向けの服を提案。
 
落ち着いたシックな色合いの商品が多い。
 
商品単価高め。
 
 
マガシーク掲載のコンセプト
自分に心地よいものに素直で、流行や情報に振りまわされ過ぎず、
さりげなく「今」を取り入れたい。
「優しさ」「繊細さ」をいつまでも持ち続ける自分のスタイルを持った
大人の女性のための服や小物たち。
「上質」で「心地よく」「繊細な」ファブリックにレースやカギ針、
ラッフルのディティールで優しさを表現。
細部にわたる繊細なディティールへのこだわりに
COOLなテイストを取り入れる事により、
ワンランク上の洗練された新たなスタイリングを提案。
 

ketty通販 マガシーク icon

 
 

ketty cherie(ケティ・シェリー)

 
 
こちらは大人可愛い系とされるブランドで、
華やかな色合いの商品が多い。
 
そして、kettyの商品よりも単価が安い
主にショッピングセンターに出店。
 
 
 
 
マガシーク掲載のコンセプト
「大人のかわいさ×きちんと感」
「トレンド×きれい目」
のファッションを楽しむカジュアルスタイル。
フレッシュな女性らしさも程よくプラスした
大人女性のチャーミングコーディネートをご提案します。
 
 
 
 
 

2ブランドの比較

 

  ketty ketty cherie
 
系統

上品さと日常性を併せ持った
フェミニンエレガンス 
 
エレガンスカジュアル
(大人かわいい)

 
商品の
平均単価

1万5000円
から3万円 
5000円から
2万円
 
色使い

大人っぽい
シックな色合いが多め

パステルカラー
など華やかな色が多め。
 

推定
ターゲット

アラサーから
30代
アラサーから
30代

 
 

MAGASEEK(マガシーク)

 
 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]