AHKAHとtinkpinkの違い

 
ジュエリーデザイナー・福王寺朱美さん創業のAHKAHと、
娘の福王寺彩野さんによる姉妹ブランド「tinkpink」の比較
 
 

アーカー(AHKAH)

 
1980年代前半から1990年代半ばまで
約15年に渡って宝石鑑定士として活動してきた歴史を持つ
福王寺朱美さんという女性が1997年春にスタートしたブランド。
 
2000年代に入ると女性層の間で絶大な支持を得るようになり、
ヨンドシーやスタージュエリーなどと並ぶ、国産のトップジュエリーブランドに。
 
2011年には創業者の朱美氏に替わり、
青柳龍之亮さんという服飾系トップデザイナーが
AHKAHの新たなクリエイティブ・ディレクターに就任し、
朱美さんはそれ以降、社長業に専念する事となった。
 
その後、社長業で奮闘してきた朱美さんは、
2018年にアーカーの社長業からも離れアドバイザーという立場に。
なお、朱美氏の退任のタイミングでアーカー社は
日本を代表するジュエリーメーカーのTASAKIの連結子会社となった。
 
 
公式サイトによると
日常生活の中で親しみやすく、着けやすいジュエリー
を提供している事をモットーとしているそうです。
 
また母から娘、娘から孫へと受け継いで長く使ってもらえる事も目指していて、
若い世代からシニア世代まで幅広い年齢の女性向け。
 
商品の価格は素材により、大幅に違う。
 
 
[ファッションウォーカーにおけるコンセプト説明]
自然の持つ普遍的な美しさにファッションの感性を融合させ、
芸術品のように創りあげられるジュエリーが特徴。
 
 
 

ファッションウォーカー「AHKAH」

 
 
 

tinkpink(ティンクピンク)

 
 
福王寺朱美さんの娘である彩野さんは
成城大学を経て母の会社に入り、AHKAHノブレススタッフとして活動。
その後、2003年にAHKAHの妹ブランドとして、立ち上げられたのがこのブランド。
 
AHKAHとは違い、"女の子"として扱われる若い世代を明確なターゲットとしている。
 
 
若い女性層に受ける要素を盛り込んだ作風が受け入れられ、
雑誌にどんどん商品が取り上げられるようになったほか、
深田恭子をはじめとする人気芸能人・モデルが愛用している事が明らかとなり、
日本を代表するヤングジュエリーブランドへと成長。
 
 
商品単価は主に1万円から3万円程度と明確に安く、
所得の少なす若い女性でも買いやすい。
 
 
 
[ファッションウォーカーにおけるtinkpink説明]
“Cute sweet gorgeous”をテーマにピンク、ハート、リボン・・・。
女の子が大好きなモチーフをぎゅっと集めたアクセサリー。
好きなものを、好きなようにコーディネートして自分だけの「可愛い」を見つけて
 
 

ファッションウォーカー「tinkpink」ショップ

 
 
 

2ブランドの比較表

 

  AHKAH tinkpink
創業者 福王寺朱美 福王寺彩野

創設

1997年 2003年

運営会社


(株)AHKAH

[親会社]
TASAKI
2018年にグループ入り


(株)tinkpink
2008年設立


コンセプト


■芸術品のようなジュエリー
■日常生活で着けやすいジュエリー
■3世代に受け継がれるようなジュエリー

cute sweet gorgeous

ターゲット

幅広い世代 明確に
若い女性向け

リングの
商品単価


1万円台から
30万円前後まで
幅広い

主に
1万円から3万円

 
 

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]