マッシュスタイルラボによる2つの部屋着/肌着系ブランド比較

 
 

ジェラート・ピケ(gelato pique)

 
 
「大人のデザート」をコンセプトにした部屋義ブランド。
もともとはレディース専門ブランドとしてスタートしたが、
2008年に発足して以来、もこもこ系の商品が受け入れられて部屋着ブランドブームの火付け役となり、売り上げが爆発。
 
そんな中で、メンズやキッズの取扱いもスタート。
ただし、今でもレディース商品がメイン。
 
部屋義ブランド扱いながら、外出用に着る人も一部いると言われる。
 
 
 
コンセプト
着心地にこだわり、着る人それぞれのライフスタイルに
喜ばれるアイテムを“デザート価格”で実現したNewルームウェアコレクションです。
全ての女性に“お部屋の中のファッション”を贈ります。
 

gelato pique(ジェラートピケ) マガシーク icon

 
 

アンダーソン・アンダーソン(UNDERSON UNDERSON)

 
 
令和元年にスタートした新ブランド。
こちらは肌着ブランドという位置づけ。
ただし、肌着だけでなくルームウェアも扱う。
 
日本古来の紙として有名な和紙から出来た糸を使用した
「WASHIFABRIC」という素材で商品を作っているのが特徴で、
洋風な雰囲気があるジェラートピケとは対照的に純和風的。
そして環境に優しいのも特徴。
 
 
WASHIFABRICには

  • コットンよりも消臭性が高い
  • コットンよりも抗菌性が高い
  • 静電気が発生しにくい
  • 防虫性が高い
  • 自動湿度調整能力がある

 
など様々な特徴があり、付加価値が高い。
 
このように素材の付加価値が高くてグレードも高い事などにより、
商品単価はジェラートピケよりも高め
 
 
ターゲットは不明ながら、無地のシンプルな商品が多く
デザインも地味なため幅広い世代が着られる雰囲気。
 
 
 
コンセプト
「和紙がつくる健やかな肌。」
肌と環境に優しい日本の肌着です。
UNDERSON UNDERSONでは、肌に触れる99.9%が天然素材の
“和紙”でできた新素材「WASHIFABRIC」を使用。
日本古来の伝統と特許技術が紡ぐ多機能素材で作られた
肌着やルームウェアを中心に、洗剤や器などの雑貨を揃え、「丁寧な暮らし」を提案します。
 
 
 

2つの比較

 

  gelato pique UNDERSON
UNDERSON
スタート 2008年
 
2019年


コンセプト/特徴

大人のデザート 和紙原料の素材を使用。
特に肌に優しい

系統

洋風 和風

対象性別


レディース
メンズ
キッズ
(レディースメイン)


メンズ
レディース
ベビー
(男女ともに商品豊富)

 
展開商品



各ルームウェア
アンダーウェア
マタニティ関連

 
各ルームウェア
アンダーウェア
食器
ランドリーグッズ
商品の
平均単価
 
3000円から
1万円


5000円から
2万円
(下着はもう少し安い)

 
ターゲット

主に20代  
幅広い世代
(推定)

 
主な出店先

ファッションビル  不明

 

MAGASEEK(マガシーク)

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]