恵山株式会社のデザイナーズブランド比較

 
婦人服メーカー・恵山株式会社の中で、
チームデザイン制ではなくデザイナーの名前を押し出した無店舗デザイナーズブランドの比較。
 
 

Vicente(ヴィセンテ)

 
 
PINKYという集英社の雑誌などで活躍してきたカリスマモデル、
黒木なつみさんがYupendiという若い女性ブランドを閉鎖したのち、
2016年春夏に恵山からスタート立ち上げた大人世代向けブランド。
 
主に、既婚・子持ちの働く女性に向けた
街でもリゾート地でも着られるようなフレキシブルな作品を展開。
 
実店舗はなく、通販専門。
そして店舗運営費用や人件費が値段に上乗せされないためか、
大人世代向けブランドながら低価格。
 
 
デザイナーブログでのコンセプト
お仕事も・子育ても・プライベートも楽しむ自分の“Style”を持った女性の方達へ
 
 
 
会社HP掲載のコンセプト
「URBAN NATURAL」
Natural・Healthy・Positive。
自由に人生を楽しみ、“My style“ 自分のスタイルを持った全ての女性へ
 
 
 

Vicente通販 マガシーク

 
 

QUSSIO(クーシオ)

 
 
2018年春夏シーズンスタートのブランド。
会社HPによると「アジア戦略ブランド」という位置づけ。
 
デザイナーは、上智大学を卒業したのち
通販雑誌の編集やシンガポールのセレクトショップのバイヤー
などとして活動してきた歴史を持つ高野千波さん。
その他、アジア諸国にて様々な実績を持つ。
https://www.chinamitakano.com/
 
アジアをよく知る人物としてQUSSIOのクリエイティブ・ディレクターに抜擢。
 
 
東京ストリート」をベースにスポーツなど様々なテイストを
ミックスしたようなブランドであるそうです。
 
 
セレクトショップへの卸販売系。
 
 
ストリート系ブランドという事もあり、
オンラインショップではスカートが基本的見つからず、
ボトムはパンツスタイルを提案しているのが特徴のようです。
 
 
通販サイトに登場するモデルの年齢層は20代
 
 
 
 
会社HP掲載のコンセプト
「UNLADY LIKE」
「女性ならこうあるべき・・・・・」
ふさわしいといわれるスタイルなんて、
誰かに決められるものでもない。
いつからか決められたステレオタイプへのアンチテーゼを表現するブランド。
 
 
 
 

2ブランドの比較

 

  Vicente QUSSIO

デザイナー
(プロデューサー)

黒木なつみ
(1984年生まれ)
高野千波

コンセプト

町でもリゾートでも
着られる大人の女性向け

東京ストリートをベースに
様々なテイストをミックス



平均的な
商品単価


5000円から
1.5万円
7000円から
2万円
 

ボトムス商品


スカート
パンツ
両方あり

パンツ商品ばかり 

主な出店先

- セレクトショップ卸

店舗数
(2020年)

なし。
通販専門ブランド


-


推定の
メインターゲット


アラサーから
30代くらい
(働く女性/母親向け)

20代

 

 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]