マッシュスタイルラボ社による20代向けブランド比較

 
 

SNIDEL(スナイデル)

 
もともとはCG制作を行っていたマッシュ社が
アパレル事業に進出してはじめて立ち上げられたレディースブランド。
2005年創設。
 
2000年代後半は赤文字ブーム、
2010年前後においてはスウィートカジュアルブームをけん引。
 
 
2018年にリブランディングし、
小文字(snidel)から大文字(SNIDEL)へと表記がリニューアル。
 
リニューアル後のコンセプトは
「Street meets Formal」。
ストリートとフォーマルという対象的な要素をミックスした作風が特徴。
 
 
20代全般が最新のメインターゲット。
ファッションビルが主な出店先。
 
 
主な掲載雑誌

  • CanCam
  • JJ
  • ViVi
  • Ray
  • andGIRL
  • GINGER
  • 美人百花
  • otonaMUSE

 
 
 
コンセプト
“ストリート×フォーマル”をコンセプトに、
ストリートカルチャーとエレガンスを組み合わせ、他にないスタイリングを提案。
細部にまでこだわったディテール、女性の美しいシルエットの魅せ方への追求。
お洋服を愛する世界の女性に贈るグローバルブランドです。
 
 
 

スナイデルの商品一覧 マガシーク icon

 
 

Lily Brown(リリーブラウン)

 
 
2011年に創設された、新たな20代向けブランド。
 
コンセプトは
「VINTAGE-FUTURE DRESSES」
で、ヴィンテージ商品の魅力に注目したレトロな作風が特徴。
 
商品単価はわずかにSNIDELより高めの設定。
こちらも20代全般がターゲットのようです。
ただし、アラサーの中で30代前半はメインターゲットから外れる雰囲気。
 
 
主な掲載雑誌

  • non-no
  • CanCam
  • Vivi
  • JJ
  • Ray
  • with
  • ar
  • Gisele
  • Spring
  • 美人百花
  • GINGER

 
 
 
コンセプト
VINTAGE-FUTURE DRESSES
ヴィンテージアイテムの確かな魅力をリスペクトし、
現代にブレイクダウンしたNew Fashion!!
ヴィンテージから伝わる手のぬくもり独創的なカラー、
デザインディテールに込めた愛情。
リリー ブラウンは、そんな宝物のような洋服で埋め尽くされたクローゼットが
大好きなブランドです。ポジティブで元気になれる洋服、
Own Styleで、街とクローゼットを楽しむために。
 
 

リリーブラウンの商品一覧 マガシーク icon

 
 

2つの比較

 

  SNIDEL Lily Brown

立ち上げ

2005年 2011年

コンセプト

Street meets formal vintage future dresses

系統


ストリート×フォーマルを
ミックスした
エレガントな服装

ヴィンテージ商品の
魅力に注目

出店先

ファッションビル
百貨店

ファッションビル
百貨店


商品の
平均単価

5000円から
1.5万円
7000円
から2万円

推定ターゲット
(2020年)

20代全般
(30代前半も)

20代全般

 
 

MAGASEEK(マガシーク)

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]