ジャパンイマジネーションの若い女性向け主力ブランド

 
コンセプトは2020年時点でのものです。
 
 

CECIL McBEE

 
2000年前後から、渋谷109ブランドの頂点に君臨し続けてきた
日本を代表する若い女性向けメガブランド。
 
もともとはギャル系ブランドであったが、
時代の流れの中で近年は、フェミニン系のブランドへと変化。
 
商品の平均単価は5000円前後と安く、
ファッションビルだけでなくショッピングモールにも出店
 
推定ターゲットは、10代後半から20代前半。
メガブランドのため、客層は幅広いと言われる。
 
 
コンセプト
「street sensual」
今っぽい、色っぽい。
フェミニンベースのMIXスタイル
ポジティブに色気を楽しむ、今の時代の‘たらしガール’に
 
 

セシルマクビー通販 ファッションウォーカー

 
 
 

AnkRouge

 
 
こちらはロマンティックな雰囲気の
スイートカジュアルという位置づけ。
 
レトロ(アンティークな雰囲気)で幻想的な雰囲気が漂う商品を展開
商品単価はセシルマクビーよりも高い。
 
推定ターゲットは、10代後半から20代前半。
 
 
 
コンセプト
ロマンティックとスイートカジュアルをキーワードに女の子の「可愛い」と「大好き♡」を詰め込んだドリーミーでガーリーなスタイリングを提案します
 
 

Ank Rouge通販 ファッションウォーカー

 
 
 

BE RADIANCE

 
都会で生きる20代あたりの若い女性向けのブランド。
推定メインターゲットは、20代前半あたり。
 
こちらは10代の人では買いづらい単価2万円くらいの商品もあり。
 
やや大人っぽいデザインが特徴。
 
 
 
会社HPでのコンセプト
『URBAN FEMININE』
現代の都会的な女性の為のクローゼット。
ほどよくトレンドを意識、おしゃれを意識。
女性らしさを意識、人に愛される適度な色気を意識
 
 
 
ファッションウォーカーでの説明
ラディエンスとは、光り輝くこと。仕事も恋愛も遊びも満喫し、キラキラとした毎日を送る、輝く女性の為のブランド。
それが「BE RADIANCE」。
女性らしいエレガントさに、グラマラスでマニッシュなエッセンスを上品に取り入れ、エッジの効いたラディエンススタイルを提案。
 
 

BE RADIANCE通販 ファッションウォーカー

 
 
 
 
 

3ブランドの比較

 

  CECIL McBEE AnkRouge  BE RADIANCE 
 
コンセプト
/系統

Street Sensual ロマンティックな
スイートカジュアル 
アーバンフェミニン

推定
ターゲット

10代後半から
20代前半
10代後半から
20代前半
20代前半
 
商品の
平均単価

5000円前後  5000円から
1万5000円
5000円から
2万円
主な出店先  
ファッションビル
ショッピングモール

ファッションビル ファッションビル

国内
店舗数
(2020年)

約35店舗 12店舗 13店舗

 
 

 
 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]