CECIL McBEEとCECIL CAUSE

 
 

セシルマクビー(CECIL McBEE)

 
 
婦人服メーカー・ジャパンイマジネーションが
1985年にスタートした若い女性向けブランド。
 
渋谷109などの若者向けファッションビルに出店。
 
1990年代から渋谷109の代表的ブランドになっていき、
2000年代初頭からは10年以上連続で渋谷109の館内売上第1位を守り続けてきた。
 
なお、1位を独走していた頃はセクシーカジュアル系だったが、
2010年代に入ってギャル文化が衰退する中で、
2017年には乃木坂46の白石麻衣(当時25歳)をイメージキャラクターに据え、
「モテ服No.1」をコンセプトにしたブランドへとリニューアル。
 
その後、2019年には「ガーリー系」というジャンルに再びリニューアル。
 
 
 
 
コンセプト(2020年時点)
「street sensual」
今っぽい、色っぽい、フェミニンベースのMIXスタイル
ポジティブに色気を楽しむ、今の時代の‘たらしガール’に。
 
 
 

ファッションウォーカー「CECIL McBEE」

 
 
 
 
 

セシルコーズ(CECILCAUSE)

 
 
CECILとCAUSEの間にはスペースなし。
 
こちらは、2018年にジャパンイマジネーションが

  • セシルマクビー卒業生
  • 都心まで服を買いに行けない忙しい主婦層

 
をターゲットとしてスタートした、セシルマクビーの姉妹ブランド。
 
こちらは店舗が存在せず、EC(通販)専門ブランドという位置づけ。
 
 
具体的には2018年の創設時点で
「28歳から38歳(=アラサー世代からアラフォー世代)」
がメインターゲット。
 
大人向けのカジュアルブランドという位置づけで、
QVCで40代前半あたりのモデルが試着モデルとして登場していて
アラフォーの中の40代前半でも無理なく着用できるようなブランド。
値段もセシルマクビー同様に安い。
 
 
 
 

ファッションウォーカーでのコンセプト説明

ライフステージが変化しても変わらずファッションを楽しめる
ポジティブな大人の女性に向けたアパレルブランド。
アラサー&アラフォー世代の女性に向けたカジュアルスタイルを
手にとりやすいプライスで展開。
 
 
 
 
QVC通販ページ

QVC セシルコーズ(CECIL CAUSE)の商品一覧 icon

 

QVCジャパン

 
ファッションウォーカー通販ページ

CECILCAUSE通販カテゴリ

 
 
 
 

2ブランドの比較

 

  CECIL McBEE CECILCAUSE
販路 店舗
EC(通販)
EC(通販)

創設

1985年 2018年


コンセプト/系統



[2016年まで]
セクシーカジュアル

[2017年から]
モテ服/フェミニン系

[2019年から]
ガーリー系

近年は変動が激しい

大人向けカジュアル

ターゲット


10代後半から
20代前半

セシルマクビー卒業生
&
主婦向け
(主に28歳から38歳)



商品単価
5000円前後
3000円から
1万円程度


 
 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]