JUNグループ・有限会社ソフ(SOPH.co.,ltd.)のメンズブランド

 
 
JUNグループ傘下で、清水浩文氏によるSOPH.co.ltdが展開する
3つのメンズブランドを比較。
なお、SOPH社は元々独立系企業だったが、
清水氏がもともとJUNグループブランドだったAPCの販売員であった事が縁で、2013年にグループ入りしたという歴史を持つ。
 
 
 

ソフネット(SOPHNET)

 
 
1998年にスタートしたソフ社が最初したブランド。
コンセプトはAUTHENTIC(正統派)。
もともとは「SOPH」というブランド名であったが、 2002年に改称された。
 
 
一般的にはストリートウェアのイメージが強め。
ストリート系雑誌「Smart」にSOPHNETの付録が付く事もあり。
 
色合いはカラフル。
 
 
会社HPでの説明
ミニマムなデザインを軸に、洗練された日常着を求めてスタート。
オーセンティックをブランドコンセプトに、
時代の空気を取り入れつつ、普遍的なコレクションを展開。
ストリート、アウトドア、トラディショナルなど、
現代のメンズファッションには欠かせない要素をすべてトータルで併せ持つ、
ドメスティックブランドの成熟に貢献した代表格として、今なお進化している。
 
 
 
 

ユニフォームエクスペリメント(uniform experiment)

 
 
こちらは2008年にスタートした3つ目のブランド。
幅広い分野で活躍する藤原ヒロシとのコラボで立ち上げられた。
 
ジャンルは微妙ながら、全体的に落ち着いたモノトーン系の商品が多い
 
会社HPでの説明
ワードローブをユニフォームと捉え、グラフィックやカラー、
マテリアルを駆使した実験的アプローチでプロダクトを形成。
様々なカルチャーをコレクションに取り入れながら、
新規性と継続性を兼備したプロダクトを展開。
 
 
 

エフシー・レアルブリストル(F.C.Real Bristol/F.C.R.B)

 
 
サッカー好きの清水氏が1999年にスタートしたフットボールブランド。
(スポーツカジュアル系の衣料ブランド)
 
派手な色合いでフレッシュな雰囲気の商品が多い。
 
1998年のフランスワールドカップを観戦した際に
各国サポーターがサッカーウェアを着て街を歩いていた。
一方、日本ではサッカーユニフォームがタウンウェアとしては
認識されていなかった中、街で着られる格好いいサッカーウェアを目指してスタート。
 
F.C.Real Bristolという架空のビッグクラブをイメージし、
このクラブに関連するスポーツカジュアル系衣料を展開。
 
REALの読み方は、英語発音のリアルではなくスペイン発音のレアル。
2016年春夏まではNIKEとの協業ブランドであった。
 
 
会社HPでの説明
"F.C.Real Bristol"という架空のチームを想定し、
プレーヤー、サポーター、チームを取り巻くすべての人々をイメージしたウエアを展開。
2000年から2016年までNIKEがオフィシャルサプライヤーとして参戦するなど、
スポーツとファッションのコラボレートブランドの先駆けとして、
長きにわたり展開。
 
 
 


 
 

3ブランドの比較

 

  SOPHNET uniform
experiment
 F.C.Real Bristol
創設
1998年
 
 
2008年

1999年
 
 
系統

ストリート系  ジャンル微妙
(モードカジュアル系?)
スポーツカジュアル
(サッカー系) 
 
色使い

カラフル  モノトーン系が多い
SOPHNET
以上にカラフル
(蛍光色の商品が多い)


商品単価

5000円前後から
5万円以上まで
幅広い

主に
1万円から
3万円
主に
1万円から
4万円

 
 
 

J'aDoRe JUN ONLINE|ジャドール ジュン オンライン

 

J'aDoRe JUN ONLINE|ジャドール ジュン オンライン

 
 
 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]