(Since 2008)]

 
[新設] 在宅中に楽しく読める服飾系トリビア

[新設] 年度別流行/服飾史(楽しく学べる雑学)

 

サマンサタバサとサマンサベガ

 
 

サマンサタバサ(Samantha Thavasa)

 
こちらは立ち上げから、
主にCanCamをはじめとした赤文字系雑誌に掲載されてきたブランド。
もともとは様々なコラボを行い、18歳から25歳くらいの若い女性向けだった。
 
その後、ファンの年齢が上昇していく中で
ターゲットがあいまいになっていったが、
2019年にコンセプトなどの刷新が行われ、
20代から40代向け(コアは20代後半から30代半ば)
の幅広い女性向けと定義づけられた。
 
 
 
主な掲載雑誌

  • Ray
  • 美人百花

 
 
 
 
会社HP掲載のコンセプト(2020年時点)
エレガンスとオーセンティックを象徴するブランド
“自分らしさ”を楽しみ、他人目線から解き放たれた、自分目線のライフスタイル。
そんな女性にフォーカスしたコレクションを展開。
今を生きる女性にインスピレーションを与え続けられるよう、
東京発グローバルブランドならではの女性像・商品を提案していきます。
 
 
 

マガシーク「サマンサタバサ」通販ショップ

 
 
 
 

サマンサベガ(Samantha Vega)

 
 
渋谷109などのギャル系ファッションビルなどに出店しているブランド。
 
2017年には二コラ・フォルミケッティという
世界的なハイファッションデザイナーを招聘し、 
 
 
「キュートモード」というコンセプトをもつブランドに変化。
モードとは、前衛的/アヴァンギャルド、といった意味合い。
 
 
2019年にはサマンサタバサとの差別化を図るため、
「10代から20代前半の若い女性向け」
とターゲットが定義づけられた。
 
 
所得が少ない若い世代をターゲットとしているだけに
商品単価は大人向けのサマンサタバサと比べて明確に安い
具体的にはサマンサタバサの半額前後。
 
 
会社HP掲載のコンセプト(2020年時点)
「CUTE // MODE」
“キュートモード”をテーマに東京発のジャパニーズポップカルチャーを発信。
女の子が“今”欲しいモノ、カワイイと思うモノを提案。
 
 
 

マガシーク「サマンサベガ」ショップ

 
 
 

2ブランドの比較

 

  Samantha Thavasa Samantha Vega
位置付け メインブランド
ディフュージョンライン的
(セカンドライン/低価格ライン)

コンセプト
エレガンス&
オーセンティック

CUTE/MODE

ターゲット
(2020年時点)


20代から40代
(コアは20代後半から
30代半ばのアラサー世代)

もともとは
主に20代前半向け

10代から
20代前半


平均的な
商品単価


[バッグ]
2万円台が中心

[財布]
1万円台

[ミニ入れ物/アクセサリー]
主に3000円から1万円

[バッグ/財布]
1万円台

[ポーチ]
5000円から1万円


[アクセ]
5000円未満

色使い


赤・ピンク、パステルカラーなと
若い女性層が好みそうな
色合いが多い

幻想的な雰囲気の
パステルカラー中心

主な質点先

ファッションビル
百貨店

渋谷109
などのファッションビル


 
コンセプトやターゲットは急に変更される場合があります。
 
 

 
 
 

 

 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]