マッシュスタイルラボのセレクトショップ系業態比較

 
 

styling/(スタイリング/)

 
 
「kei shirahata」というメンズライクなオリジナルブランド
を中心とした2016年スタートのセレクトショップ。
こちらは大人の女性向けで、大都市のファッションビルなどに出店。
 
ディレクターはトップスタイリストの白幡啓(kei shirahata)。
オンラインショップ系掲載品平均単価2-5万円でだいぶ高め。
 
 
オンラインショップをみていても、
オリジナル以外ではどんなブランドを扱っているのか不明です。
一つのブランドのように扱われています。
 
ユナイテッドアローズ・アーバンリサーチといった
大手セレクトチェーン同様に、実質的には独自商品ばかりを販売しているようです。
 
 
商品の主な掲載雑誌

  • CLASSY
  • with
  • steady
  • GISELe
  • VERY
  • otonaMUSE
  • STORY
  • GLOW

 
 
推定ターゲットはアラサー世代から40代の女性。
 
 
 
 
コンセプト
女性らしさの中に
メンズファッションの
シンプルな潔さを融合させた
オリジナルブランド
「kei shirahata」を中心とした
セレクトショップ「styling/」
 
 
 

LITTLE UNION TOKYO(リトルユニオントウキョウ)

 
 
こちらはスポーツ系ブランド中心のセレクトショップ。
男性・女性両方が対象。
 
オリジナルブランドと思われる
「LITTLE UNION」というブランドの商品単価は1万円台。
 
一部のデザイナーズブランド商品を除くと、
店全体の商品平均単価も1万円くらいのようです。
 
 
主な取り扱いブランド(2020年)

  • adidas
  • converse
  • newbalance
  • PUMA
  • NIKE
  • THE NORTH FACE
  • Reebok
  • diadora
  • BEDWIN

 
 
若い世代を対象とするブランドが中心。
 
 
 
コンセプト
ストアブランドと幅広いセレクトに加え、
伝統を創り、そして守り続けてきたパイオニアから
新進気鋭のアーティストまで多種多様なカルチャーとセッション。
そこから生まれるアートな瞬間をカタチあるものに具現化しカプセルコレクションを展開。
また、パリ、ロンドン、アムステルダム、ベルリン、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港・・・・・。
世界中に組合を広げ、新たな才能、文化を日本へ伝えることも「LITTLE UNION TOKYO」の使命、役割だと考えている。
 
 
 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]