株式会社レイカズンの姉妹ブランド比較

 
 

Ray Cassin(レイカズン)

 
2000年代からカジュアルファッション好きの若い女性達の間で
絶大な人気を誇ってきた、レイカズン社の看板ブランド。
アイルミネやマガシークの説明では、ストリート要素のあるブランドとも書かれています。
 
こちらは、アウトレット業態を除くと、
主にルミネなどのファッションビルに出店。
 
ファッションビル系ブランドながら、単価はかなり安い。
 
 
 
 
公式サイト掲載のコンセプト
親しみやすくて、着やすい。けど、イマドキ。
憧れ(理想)と今の自分の狭間で揺れ動く私たちに、選択肢をくれる服。
長く付き合える定番に、ほんのちょっと(bit) の遊び心(playful) がちょうどいい。
そばにいる人をトキめかせるTrend mix Casual を提案します。
 
 

アイルミネ「レイカズン」

 
 

レイカズン マガシーク icon

 
 
 
 

frames RAY CASSIN(フレームス・レイカズン)

 
 
こちらは、ファッションビルではなく、
イオンモールなどのショッピングモールが主な出店先。
 
コンセプト奈都を参考にすると、
こちらは幅広いシーンに対応できる実用性の高い衣料を提案
 
商品単価はレイカズンと特に違いなし
 
細かいターゲット情報はないものの
ショッピングセンターとは若者以外は入りにくいファッションビルとは違い、
子持ちの母親まで幅広い人達が集う場所のため、
こちらのほうが幅広い年齢層を対象にしている可能性あり。
 
 
 
 
 
公式サイト掲載のコンセプト
定番×トレンド×少し遊び心のある可愛らしさ。
組み合わせ次第で様々なシーンに応えられるアイテムをラインナップ。
実用性や着心地、肩肘張らない日常に寄り添う服を、手に取りやすい価格で提案します。
“Le Passage”(フランスの小路)にあるような、ふらっと立ち寄った時に何か必ず見つかるお店。
それがframes RAY CASSINです。
 
 
小倉店HPでのブランド説明
定番×トレンド×少し遊び心のある可愛らしさ。
着ていく場所や会う人によって、選ぶ服・着こなしが変わってきた女性にも
今の自分に馴染む組み合わせを、手に取りやすい価格で提案します。
 
 
 

アイルミネ「frames RAY CASSIN」

 
 
 

2ラインの比較

 

  Ray Cassin frames
Ray Cassin

コンセプト


若い女性向けの
トレンドミックスカジュアル
(ストリート要素含む)

様々なシーンに
対応する実用性の高い
商品を低価格で提案
主な出店先
ファッションビル
(ルミネ/パルコなど)

ショッピングモール
(イオンモールなど)

平均的な
商品単価


2000円
から
5000円

2000円
から
5000円

推定ターゲット

10代後半
20代前半
不明

 

i LUMINE

 
 

MAGASEEK(マガシーク)

 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 


 
同一ブランド用語(衣)

 
[コスメ姉妹ブランド]