FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)

 
[4月新設] 在宅中に楽しく読める服飾系トリビア

[3月新設] 年度別流行/ファッション史(流行色情報あり)

黄赤(黄赤色)

 

黄赤の基本情報

 
 
[黄赤とは?]
黄赤とは、漢字通り黄色と赤の中間色。
JISの色彩規格でも、色の雰囲気を表す表現としてよく使用される。
 
そして、黄赤という色自体は
JISの色彩規格では「あざやかな黄赤」という位置づけで、
ヤフー内のオンライン辞書によると「橙色(オレンジ色)よりも少し赤みが強い」という色を指し、
オレンジ色(ダイダイ色,橙色)が黄色と赤色の中間色というわけではないため、
黄と赤の中間色である「黄赤」は、オレンジ色(橙色)とは別の色であるようです。
 
 
 
 
[おおまかな黄赤の色見本(=黄色と赤色の中間)]

おおまかな

黄赤

(黄と赤の中間)

   仮の色 

*上記の色は、カラーパレットの中から黄色と赤色の中心にカーソルをあてて作成した、

あくまで「黄色と赤色の中間」的な色です。

黄赤に正確な色コードがある場合、微妙な違いがある可能性あり。

(市販品平均値も加味しています)

 

 

 

 

楽天市場内で「黄赤」商品の色の雰囲気を見たい場合はこちらから

楽天市場「黄赤」検索結果

*個別色としてはマイナーなので、市販品にて「黄赤」を名乗る商品はそんなに多くないものの、

楽天内の黄赤商品の平均値も上記の色コード通りの雰囲気。

ただし、まれに朱色よりももっと赤が強くスカーレットに近い市販品もあり。

 

 

 

 


 
 
 

 
 

黄赤と似ている色との違い比較(オレンジ/橙色/朱色など)

 

 

おおまかな

「黄赤」色見本

(黄と赤の中間色)

 

オレンジ色

(橙色)

#ee7800

#ee7800

朱色

#eb6101

 

スカーレット

#ea5532

 

柿色

#ed6d3d

 

 

 

 

[黄赤と橙色(オレンジ色)の違いとは?]

黄赤は橙色(オレンジ色)よりも赤が強いという辞書での表現通り、

黄色と赤の中間色(=黄赤)は橙色よりもほんの少し赤が強く、朱色に近い。

 

 

 

[黄赤と朱色の違いとは?]

はっきりとした違いはわからないものの、オレンジ色よりも赤い朱色は、黄赤とだいぶ被る色。

ちなみに朱色のJISでの色彩規格も「あざやかな黄みの赤」という位置づけの色で、

「あざやかな黄赤」という位置づけである黄赤色とやはり同じような表現。

微妙な違いに関しては今のところ正確な情報なし。

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 

 


 
[色基本情報]

 
 
2019年12月新設

(RGB/CMYK/6桁コード)
↑簡易ダイジェスト情報(ページ容量小さい)。探しやすいように色の系統ごとにまとめています。
<カテゴリ>
*赤系
*オレンジ系
*桃色系
*青/水色系
*黄色/黄土色系
*カーキ系
*紫系
*緑/黄緑系
*茶色系
*無彩色系(白/黒/グレー)
 
 
 
[メジャー色個別ページ1]
■基本情報
■似ている色との違い
■他の色との組み合わせ
(相性合う色/映える色分析)

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
2019年12月新設

(色見本/RGB/類似色比較等)
<カテゴリ>
■赤系
■青系
■黄色系
■紫系
■灰色系
■茶色系
■緑系
■黄緑系
■ベージュ系
■黄土色系
■桃色系
■オレンジ系
■黒/オフブラック系
■白/オフホワイト系
 
 
 
[テーマ別配色実例]

 
 
[その他]

 

 
 
[サイト全体メニュー]

総合TOP

fashion-guide.jpトップページへ

年度別流行/ファッション史

年度別の流行文化・流行色・出来事などを紹介

楽しく読める服飾系トリビア

「なるほど!」と興味深く・楽しく読めるようなトリビア情報をご紹介

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材(生地)の簡易解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

素材/染色用語集

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

色DB

色用語解説、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

ライバルブランド比較

同じフィールド内で競い合っているブランドの特徴・ランクの違いをわかりやすく解説

姉妹ブランド比較

同じ会社内に存在する姉妹ブランドのわかりづらいターゲット年齢層やコンセプトなどを比較