FASHION-GUIDE(Since 2008)
 

 
[3月新設] 年度別流行/ファッション史(流行色情報あり)

有彩色と無彩色

 

無彩色(むさいしょく)とは?

 
 
簡単な一行説明= おおまかにいうと「白」「灰色(灰色系)」「黒」の3つの色のこと。
 
 
 
詳しい説明
 
 
achromatic colours
 
 
無彩色とは、アルファベット表記だと"achromatic colours"と書く。
achromatic」とは、"無色の"というような意味。
 
 
 
定義的には、色の三属性と呼ばれる
 

  • 色相=具体的な色の雰囲気
  • 明度=色の明るさの度合い
  • 彩度(飽和度)=色の鮮やかさの度合い

 
のうち、「明度」があるものの、「色相」「彩度(飽和度)」がない色を指す。
 
 
具体的には、白から中間的な灰色(グレー系の色)を経て黒になっていく間の色を指す。
 
 
 
 
 
【無彩色一覧】
 
おおまかにいうと
 

  • 灰色(グレー系の色。薄いグレーから濃いグレーまで)

 
の3つに分類される。
 
 
 
 
なお、灰色(グレー系)の色に関しては、
何らかの色相・彩度を持つ色が混じったものはグレー系であっても有彩色に入るものもある模様。
 
詳しい分別方法は不明ながら、
例えば"パールホワイト"は薄いグレーっぽい色であるものの、
少し黄色っぽいため有彩色に入ると思われる(未確定)。
 
 
 
 
 
 

有彩色(ゆうさいしょく)とは?

 
 
簡単な一行説明= おおまかにいうと、無彩色に分類される「白」「灰色(灰色系)」「黒」の3つ以外すべてを指す。
 
 
 
 
詳しい説明
 
chromatic colours
 
色の3属性「色相」「明度」「彩度」3つすべてをもつ色全般のこと。
(逆に言うと、明度しかないため無彩色に分類される「白」「灰色(灰色系)」「黒」の3つ以外すべてを指す。
 
英語の"chromatic "は、「着色の」「彩色の」というような意味の形容詞。
 
 
 
 
【主な有彩色】

  • 黄色
  • 黄緑色
  • オレンジ色
  • 紫色
  • 水色

 
 
 
*アイボリーは少し黄色が混じっていて、
茶色あたりは少し赤が混じっているため、有彩色と思われる。
(こちらは未確定)
 
 
 

 

 
 

 

 
[サイト全体メニュー]
他のコンテンツもお役立てください

 

 


 
[色基本情報]

 
 
2019年12月新設

(RGB/CMYK/6桁コード)
↑簡易ダイジェスト情報(ページ容量小さい)。探しやすいように色の系統ごとにまとめています。
<カテゴリ>
*赤系
*オレンジ系
*桃色系
*青/水色系
*黄色/黄土色系
*カーキ系
*紫系
*緑/黄緑系
*茶色系
*無彩色系(白/黒/グレー)
 
 
 
[メジャー色個別ページ1]
■基本情報
■似ている色との違い
■他の色との組み合わせ
(相性合う色/映える色分析)

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
2019年12月新設

(色見本/RGB/類似色比較等)
<カテゴリ>
■赤系
■青系
■黄色系
■紫系
■灰色系
■茶色系
■緑系
■黄緑系
■ベージュ系
■黄土色系
■桃色系
■オレンジ系
■黒/オフブラック系
■白/オフホワイト系
 
 
 
[テーマ別配色実例]

 
 
[その他]

 

 
 
[サイト全体メニュー]

総合TOP

fashion-guide.jpトップページへ

衣料品単品/部位解説(画像付)

わかりづらい各衣料品/繊維製品単品や部位を画像入りで簡潔に説明

衣料品の柄/模様解説(画像付)

メジャー/マイナーな柄・模様を画像入りで紹介

素材(生地)の簡易解説

各素材・繊維の概要/特徴を簡潔に解説

素材/染色用語集

誰でもわかりやすい簡単な説明文を掲載

色DB

色用語解説、似ている色の違い/見分け方情報、相性合う色情報、豊富な配色事例等

年齢別の適合雑誌ガイド

年齢別の適合するファッション誌・ライフスタイル誌・各種情報誌を紹介

年度別流行/ファッション史

年度別の流行文化・流行色・出来事などを紹介

ライバルブランド比較

同じフィールド内で競い合っているブランドの特徴・ランクの違いをわかりやすく解説

姉妹ブランド比較

同じ会社内に存在する姉妹ブランドのわかりづらいターゲット年齢層やコンセプトなどを比較