TOP(www2) > 色の種類と違い(簡易版) > ショッキングカラー

ショッキングカラー

ショッキングカラー

 

 

オンライン辞書などでの公式的な定義情報がないため、

あくまで市販品の"ショッキングカラー"に該当する商品を比較した情報ですが、

「ショッキングカラー」とは、印象としては

見た人に強烈な印象(衝撃)を与えるような強く鮮やかな色の群といったところ。

ただし、ショッキングレッドという色のみは、市販品を平均すると薄めの色であまり目立たない。

 

 

 

どれも相当強くて目立つ色のため、室内のインテリア・小物としては良いものの

衣料などの外に見につけていくものに関しては、

目立ちすぎるため行き先などによっては控えたほうが良い場合もあり。

 

 

 

 

ショッキングピンク

 

shocking pink

 

 

この色は様々な分野で使用されるショッキングカラーの代名詞的な色のため、

オンライン辞書でも定義情報があり、

Yahoo辞書内のある辞書によると

 

「強い印象を与える鮮明なピンク色」

「どぎついピンク色」


というような定義。

 

 

実際の市販商品(家電,衣類,小物など)を見ていても、

最大限に強く明るい蛍光のピンク色といった雰囲気。

 

 

 

 

 

ショッキングブルーとは?

 

 

マニックパニックのヘアカラー(ヘアクリーム)商品で存在する色。

マニックパニック社のHPの実際に染めた人の髪色画像を参考にすると、

濃い海の色のような明るさ・蛍光性を伴うブルー系カラー。

 

 

 

 

以下の画像の色自体は、実際に染まる髪の色ではなく濃縮されたクリーム自体の色。

Amazon:マニックパニックヘアカラー ショッキングブルー MC11028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショッキングイエロー

 

 

蛍光イエローと同じような、強いインパクトをもつ色。

やや黄緑(イエローグリーン)っぽいものもあり。

 

通常の黄色より明確に明るく鮮やか。

 

 

 

その他

 

 

  • ショッキングオレンジ・・・・・新鮮なオレンジorミカンのようなつやと蛍光感のある色
  • ショッキングレッド・・・・・市販品少ないものの、こちらは赤にオレンジを混ぜた感じで、色は薄め。
  • フューシャショック・・・・・マニックパニックのヘアクリームに存在。強い赤紫系の色。

 

 

 

 

 

 

おおまかなショッキング系カラーの見本画像

 

*市販品で該当するものの平均をとって単一色で再現しています。

*単一色では正確に表現できない色もあります、ご了承ください。

 

 

ショッキングカラーの色見本画像

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る