赤色の種類

 

おおまかな赤色系画像の見本・比較

 
*斜め上&斜め下から見ると大きく印象が変わってしまうため、画面と体を並行にしてみてください。
*"紅色"の正確な色がいまいちわからないため、紅色は省いています。
 
 

 

 

朱色

 
 
印鑑を押す時の基本的な色として知られる色で、
定義としては「黄色っぽい赤」というような定義。
 
外国で使われてきた「バーミリオン(vermilion)」という色とほぼ同様で、
google翻訳でも、vermilion=朱色と訳される。
 
 
 
【具体的に言うと?】
前術通り「印鑑の朱肉」や、
「神社の鳥居」をイメージするとよくわかる色。
 
 
 

紅色

 
 
定義としては、
「紅花の花びらから作った鮮やかな赤い色素」
というような定義。
 
 
基本的には「濃く鮮やかな赤」という意味ながら、
解釈が各メーカーによって微妙に違うようなので、
もう少し的確で良い説明を整理中です。
 
 
*具体的な色見本を知りたい場合は、他の資料をご参照ください。
 
 
 
 

マゼンタ(Magenta)

 
PCプリンタの赤色担当の色としても有名な色。
 
赤とも紫ともとれる、明るい蛍光色系のカラーながら、
分類上では赤色に分類される。
 
*わからない場合はプリンタのふたを開けて確かめてみてください。
 
 

えんじ色(臙脂色)

 
やや黒っぽい赤色。
 
なお、google翻訳で「えんじ色」を英訳すると、「bordeaux(ボルドー)」になるため、
解釈によっては、赤ワイン的な暗い赤紫的な色と解釈される場合もあり。
 
 
【発祥】
西アジアに生息するえんじムシという虫から採取される赤系の色。
 
 
 

ワインレッド

 
その名の通り、赤ワイン的な濃い赤紫色。
 
やや黒めの赤であるえんじ色系カラーと違い、
濃い赤色ではあるものの、黒ではなくブドウをイメージさせる色である「紫」に近い。
 
 
 

その他

 

 

クリムゾンレッド

Jリーグ、ヴィッセル神戸のチームカラーとして有名な色。

やや茶色っぽい赤で、えんじ色系

れんが色

れんがの基本的な色である、赤と茶色の中間のような色。

茶色系カラーとも分類可。

ライトマゼンタ

プリンタのピンク系のカラー担当の色。

マゼンタを薄めたような色で、薄めのピンク色的な色。 

薔薇色

(バラ色)

定義的には、「淡い紅色」「紫色っぽい赤」など色々。

 

赤いバラの花にも色々なタイプがあるように、

人それぞれ解釈は様々で、一概には言えない色。

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]