小麦色とキツネ色とラクダ色(キャメル)

 

このページについて

 
このページは、
薄茶色系の色の中で、
名前はよく聞くものの実際の色がわかりづらい
 
「小麦色」
「キツネ色」
「ラクダ色(キャメル)」
 
の特徴や違いを、実例画像入りで説明しているページです。
 
 
 
 

小麦色とは?

 
「小麦色」とは、
こんがり焼けた肌を形容する色として有名な色。
 
具体的には、
「小麦の実のような薄茶色」または「ややあかつぽい黄色」というような定義。
 
実例画像から言うと、
いわゆる"肌色(白と赤と黄色を混ぜた感じ)"を、少し濃くした(焦がした)感じ。
 
 
 
 
 
 

きつね(キツネ)色とは?

 
fox
 
きつね(キツネ)色とは、
その名の通り、動物のキツネの毛のような色のこと。
 
色コードは「#c38743」。
 
 
揚げ物などの揚げ具合に関する会話・説明にて
「キツネ色」になるまで、という説明がよく用いられる。
 
具体的には、茶色と黄色の中間的な色で、
衣がついた一般的な揚げ物やオールドファッション系ドーナツに近い雰囲気。
 
 
*実際の流通色は別にして、色コード的には
黄土色の色コードは「#c39143」で、ほぼ同じ色という扱い。
 
 
 
 
 
 
 
 

ラクダ色(キャメル)とは?

 
camel
 
らくだ色(駱駝色)とは、
その名の通り、動物のラクダの毛のような色のこと。
 
らくだの英訳はキャメル(camel)で、
基本的には"キャメル"と同義語(同色)である模様。
 
具体的には、「薄く赤さをもった茶色」といったところ。
小麦色やキツネ色よりも少し赤色寄り。
 
 
 

小麦色とキツネ色とラクダ色の(おおまかな)実例画像

 
*少しでも斜め上or斜め下からみると印象が大きく変わってしまうため、
画像と並行の状態に体(目線)を合わせてご覧ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]