有彩色と無彩色

 

無彩色(むさいしょく)とは?

 
 
簡単な一行説明= おおまかにいうと「白」「灰色(灰色系)」「黒」の3つの色のこと。
 
 
 
詳しい説明
 
 
achromatic colours
 
 
無彩色とは、アルファベット表記だと"achromatic colours"と書く。
achromatic」とは、"無色の"というような意味。
 
 
 
定義的には、色の三属性と呼ばれる
 

  • 色相=具体的な色の雰囲気
  • 明度=色の明るさの度合い
  • 彩度(飽和度)=色の鮮やかさの度合い

 
のうち、「明度」があるものの、「色相」「彩度(飽和度)」がない色を指す。
 
 
具体的には、白から中間的な灰色(グレー系の色)を経て黒になっていく間の色を指す。
 
 
 
 
 
【無彩色一覧】
 
おおまかにいうと
 

  • 灰色(グレー系の色。薄いグレーから濃いグレーまで)

 
の3つに分類される。
 
 
 
 
なお、灰色(グレー系)の色に関しては、
何らかの色相・彩度を持つ色が混じったものはグレー系であっても有彩色に入るものもある模様。
 
詳しい分別方法は不明ながら、
例えば"パールホワイト"は薄いグレーっぽい色であるものの、
少し黄色っぽいため有彩色に入ると思われる(未確定)。
 
 
 
 
 
 

有彩色(ゆうさいしょく)とは?

 
 
簡単な一行説明= おおまかにいうと、無彩色に分類される「白」「灰色(灰色系)」「黒」の3つ以外すべてを指す。
 
 
 
 
詳しい説明
 
chromatic colours
 
色の3属性「色相」「明度」「彩度」3つすべてをもつ色全般のこと。
(逆に言うと、明度しかないため無彩色に分類される「白」「灰色(灰色系)」「黒」の3つ以外すべてを指す。
 
英語の"chromatic "は、「着色の」「彩色の」というような意味の形容詞。
 
 
 
 
【主な有彩色】

  • 黄色
  • 黄緑色
  • オレンジ色
  • 紫色
  • 水色

 
 
 
*アイボリーは少し黄色が混じっていて、
茶色あたりは少し赤が混じっているため、有彩色と思われる。
(こちらは未確定)
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]