モノトーン&モノクロ(モノクローム)

 

モノトーン(monotone)

 
monotone
 
まず、モノ(mono)とは、「単一の」というような意味。
そして、トーン(tone)は「色調」という意味。
 
 
 
[モノトーンの意味]
"単一の色調"、"単調"という定義的には白黒系には限らないはずであるものの、
実質的な意味としては、
 
 
色の三属性のうち"明度だけを持つ"というつながりがある
「無彩色」というジャンルに該当する

  • 灰色(グレー)

のみで構成される色調のこと。
 
 
主に衣料分野での組み合わせ(コーディネート)に関する用語。
 
 
 
[主なモノトーン関連語句]
モノトーンコーディネート
 
 
 
 
 
 
[関連語句]

  • 無彩色=色みはなく明度だけをもつ、「白」と中間色の「灰色(グレイ)」、そして「黒」という大きく分けて3色のこと
  • 有彩色=白・黒・灰色(グレイ)以外の、色彩をもった色を指す
  • 色調= "色の強弱や濃淡の具合"というような意味
  • 明度= 色の三属性のうち、明るさの度合いを表すもの。白が明度10

 
 
 
 
[google翻訳での英語での定義]
「a continuing sound, especially of someone's voice, that is unchanging in pitch and without intonation.」
 
 
 
 
 

モノクロ(モノクローム)とは?

 
monochrome
 
まず、「モノクロ」という語句は
「モノクローム(monochrome)」の略。
 
そして、「モノクローム」とは、美術・写真・映像系の用語で
 

  • 単色
  • 単彩
  • 白黒(白黒写真)
  • 単一色で描かれた絵画(単色画)

 
というのが辞書的な訳の代表例。
 
「単色」という意味では、白黒には限らないものの、
実質的には「"白黒"の写真や絵画、映像」を指す意味となっている。
 
モノクロームの対義語は「カラー」。
 
 
 
[主なモノクロ関連語句]
モノクロ写真
モノクロテレビ
モノクロ映像
モノクロ映画
 
 
 
 
 
[google翻訳の英語での定義]
名詞としては、
「a photograph or picture developed or executed in black and white or in varying tones of only one color.」
 (大まかな訳=白黒もしくは別の一つの色で開発or実行された写真)
 
形容詞としては、
「(of a photograph or picture, or a television screen) consisting of or displaying images in black and white or in varying tones of only one color.」
 
 
*やはりgoogle定義を参考にしても、やはり言葉自体では白黒の単色だけでなく、他の単色も含まれる模様。
ただし、実質的には「モノクロ=白黒」というのが現代日本での定義。
 
 
 
 

モノトーンとモノクロの意味の違い

 
 
Yahoo内のある辞書情報によると、
基本的に 「モノトーン=モノクロ」でほぼ同義語であるものの、
細かく言うと
 
■モノトーン=単調
■モノクロ=単色
 
というような、ちょっとした意味の違いあり。
 
 
また、
「モノクロ」は美術系用語で、美術や写真・映像にてよく使われる言葉であるのに対し、
「モノトーン」は、主に衣料分野で使われる用語という違いがあり。
 
 
その他、モノトーンは「白、グレイ、黒」の3色を主にさすが
モノクロだと「白、黒」の2色を指すというイメージの違いもあり。
 
 
 
 

 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]