TOP(www2) > 色の種類と違い(簡易版) > 桃色[ピンク色]の花系カラー(桜色,紅梅色,ローズピンクなど)

桃色[ピンク色]の花系カラー

このページについて

 

 

このページは、様々な色の種類の中で、

桃色(ピンク色)系の花の名前が入ったメジャーな色名に関して、

具体的な色の雰囲気や似た色との違い情報などをまとめたページです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜色とは?

 

 

Cherry-blossom color

 

 

「桜色(さくらいろ)」とは、

その名の通り、桜の花の色のようなピンク系の色のこと。

 

6桁の色コードでいうと「#fef4f4」になるようです。

 

 

 

[具体的な雰囲気]

濃いピンク系の色ではなく、実際に近くでみる桜の花びらのように、

たいぶ白に近い薄ピンク系の色。

 

 

 

 

桜色の該当市販品

Amazon:トンボ鉛筆 色鉛筆 桜色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅梅色(梅色)

 

 

 

「梅色(うめいろ)」という色は多分ない模様で、

梅という名前がつく色名としては「紅梅色(こうばいいろ)」という色名があり、

紅梅の花の色のような色のことを指す。

 

 

*なお、梅干しにする前の梅の実のような「青梅色」という色はないようです。

 

 

 

 

[具体的な"紅梅色"の雰囲気]

JISの色彩規格というものでは「やわらかい赤」という定義のようです。

 

ただし、それではイメージがしづらいので具体的な該当市販品の平均値をみていくと、

「ややベージュっぽいうすピンク色」といったところで、

サーモンピンクやコーラルピンクと呼ばれる色とほぼ同様。

 

 

*なお、google翻訳で"紅梅色"を英訳すると、"light pink"と出てくる。

 

 

 

 

紅梅色の該当市販品

Amazon: Pad2ケース カラー:紅梅色

 

 

 

 

 

 

ローズピンクとは?

 

 

 

rose pink

 

ローズピンクとは、

赤系のバラ色ではなくピンク色系のバラ色のことで、

もともとの定義的には「やや紫っぽいピンク色」という定義。

 

 

 

 

[市販品の平均値(定義通りの色とは少し違う)]

定義的には「紫色っぽいピンク」ということになっているものの、

実際の市販品にはあまり紫がかったものはなく、

基本的なピンク色より少しうすい(ベージュっぽい)ものの、

紅梅色やサーモンピンクよりは色が濃くてピンクに近い雰囲気

 

 

 

 

[パターン1(主流)]

こちらはやや濃いめのローズピンク

Amazon:TAMAGOTCHI 4U+ ローズピンク

 

 

 

 

[パターン2]

こちらは色うすめのローズピンク。これだと紅梅色と大きな差はなし

Amazon:ディフストーリー リュビジューグロス ローズピンク

 

 

 

 

[パターン3]

こちらは、本来の定義に合う、やや紫色っぽさもある鮮やかなタイプ

(ただし、これだと基本的な桃色・ピンク色と大差はなし)

Amazon:三菱鉛筆 多色ボールペン ローズピンク

 

 

 

 

 

 

 

 

つつじ色(躑躅色)とは?

 

 

Azalea color(google翻訳情報)

 

 

つつじ色(躑躅色)とは、

ツツジ科の植物「ツツジ」の花の色のような赤紫系の色。

 

*6桁の色コード的には「#e95295」になるようです。

 

 

[具体的な色の雰囲気]

定義的な色と市販品の該当色の平均値はほぼ同様で、

いわゆるショッキングピンクとほぼ同様でショッキングピングを少しうすくした感じ、

もしくはショッピングピンクを少しだけ赤くした感じ。

 

 

 

こちらはだいぶ実際の花の色に近いツツジ色

Amazon:不思議傘 桜に音符 つつじ色+黒

 

 

 

こちらはだいぶ濃くショッキングピンク的なもの

Amazon:パーラービーズ 単色 つつじいろ

 

 

 

 

こちらは実際のつつじの花の色

Amazon:平戸ツツジ:桃花一重6号ポット6株セット

 

 

 

 

 

 

【その他】芝桜(芝桜色)

 

 

桜の季節が終わった5月頃にピークを迎える芝桜は、

 

 

  • 濃いピンク色(ショッキングピンク)系
  • 赤に近い明るいピンク
  • すみれ色系(青紫、バイオレット)
  • 白系
  • いくつかの色が花びらに混じったもの

 

といったいくつかの種類があり、

一般的なイメージ的には、ショッキングピンク的な鮮花やな色の花が

芝桜の代名詞的な色で、市販品に「芝桜色」という色名の商品が流通しはじめるとしたら、

このタイプの色が「芝桜色」として定着していくと思われるものの、

今のところ、芝桜色の明確な定義はなく、市販品も特に見つからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る