桜色

 

桜色の基本情報(色の雰囲気/英語での色名/色見本/6桁の色コード)

 
 
[桜色とは?]
桜色とは、その名の通り、一般的にイメージする桜の花びらの色のような、
うすい桃色(うすい赤色)系カラーのこと。
 
JISの色彩規格では、「ごくうすい紫みの赤」という扱いのため、
ピンクベージュやサーモンピンクのような地味な色ではなく、明るく鮮やかな雰囲気。
 
そして、鮮やかで淡いピンク系カラーのため、「パステルピンク」にも該当する色。
 
ただし、この色は色コード通りのかなりうすい色から、
濃い印象のタイプまで市販品の色の濃さは様々。
そして、市販品平均的な「桜色」に関しては、いわゆる「ベビーピンク」と同じ感じの色。
 
 
 
[桜色の英語名]
google翻訳によると、桜色を英語で言うと、
そのまま「Cherry-blossom color」。
 
 
 
[桜色の色見本/6ケタの色コード]

定義通りの

桜色

(かなりうすい)

#fef4f4

#fef4f4

実際の市販品の

桜色

の平均値

(おおまか)

実際の

市販品の濃さは

大体これくらい

 

 

 

 

 


 

 

桜色と似ている色との違い(桃色/サーモンピンク/ピンクベージュなど)

 

 

定義通りの

桜色

(かなりうすい)

#fef4f4

#fef4f4

実際の市販品の

桜色

の平均値

(おおまか)

仮の色

 

*実際の濃さは

大体これくらい

おおまかな

ベビーピンク

仮の色

こちらは典型的な

「パステルピンク」

(おおまかな色)

こちらは

明確に明るく鮮やか

基本的な

桃色(ピンク)

#f09199

 

サーモンピンク

#f3a68c

仮の色

おおまかな

ピンクベージュ

仮の色

 

 

*比較してみると、やはり桜色は「パステルピンク(淡いピンク)」といった雰囲気。

 

 

 

 

[桜色(市販品平均値)とベビーピンクの違い]

実際の「桜色」商品の市販品平均値は、ベビーピンクと呼ばれるあいまいな色と

ほとんど同じ印象ですが、モール内検索でそれぞれの該当品を比較していると、

ベビーピンクはそんなに鮮やかな雰囲気ではない印象であるのに対し、

桜色のほうが明るく、より「パステルピンク」に近い雰囲気。

 

 

[桜色(市販品平均値)とパステルピンクの違い]

いわゆるパステルカラーとは、基本的に明るく鮮やかな色であることが実質的な定義となっており、

パステルピンクは明確に明るく鮮やかな雰囲気であるものの、

桜色の市販品平均値をみてみると、必ずしも明るく鮮やかな雰囲気のものばかりではなく、

地味な雰囲気の「桜色」商品もあり。

 

また、桜色は衣食住各分野の和風系商品で色名として採用されているのに対し、

基本的にパステルピンクと称して販売されているものは洋風な雰囲気の商品ばかり。

 

 

 


 

 

桜色と他の色との組み合わせ

 
 
*定義通りの色コードを使用した桜色と他の合いそうな主要カラーとの組み合わせです。
*実際の桜色の市販品平均値に近いベビーピンクと別の色の組み合わせは別のページにあり。
 
 

 

■桜色と灰白色(パステルグレー/オフホワイト系)

桜色

灰白色

桜色

灰白色

 

 

■桜色と水色

桜色

水色

桜色

水色

 

 

■桜色とオーキッド

桜色

オーキッド

桜色

オーキッド

 

 

■桜色とおおまかなライムグリーン

桜色

ライムグリーン

桜色

ライムグリーン

 

 

■桜色と亜麻色

桜色

亜麻色

桜色

亜麻色

 

 

■桜色と抹茶色

桜色

抹茶色

桜色

抹茶色

 

 

■桜色と淡い青(パステル系ブルー)

桜色

パステル系ブルー

桜色

パステル系ブルー

 

 

■桜色と淡い赤(パステル系レッド)

桜色

パステル系レッド

桜色

パステル系レッド

 

 

■桜色と淡い緑(パステル系グリーン)

桜色

パステル系グリーン

桜色

パステル系グリーン

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]