オフブラック [*一部予測込]

 

まずはじめに

 
 
オフブラックという色・語句はあいまいでマイナーな存在のため、
市販品の雰囲気を主に参考にしてこのページを作成しており、
一応定められている本来の意味合いがあったとしても、
少しズレがある場合があります、ご了承ください。
 
 
 
 

オフブラックとは?

 
 
 
オフブラックとは、オフホワイト同様にあいまいな色で、
メジャーな「オフホワイト」という色と比べて明確にマイナーな色のため、
明確な定義情報すら見つからないような色であるものの、
クラシックピアノの表面の色のような"輝いた真っ黒"のような雰囲気ではなく、
灰色を中心に他の何かが黒に混じったような落ち着いた雰囲気の色。
 
主に家電製品や室内家具・インテリアにおいて良く存在する色。
 
 
 
 
 

オフブラックという色名の由来とは?(予測です)

 
 
 
対義語である"オフホワイト"も色コードのないあいまいな色であるものの、
「白以外のなんらかの色がかすかに混じった、純白とは違う(離れた)白」
という意味であるのと同様に、
offという単語が「(基準となるものから)離れた」「外れた」というような意味があることも加味して考えてみると、
「黒以外のなんらかの色がかすかに混じった、純粋な黒(#000000)とは離れた黒」
というような意味合いは多分合っているものと思われます。
 
[注記]
予測なので、間違っていた場合は加筆・修正させていただく場合があります。
 
 
 
 
 

オフブラック市販品のおおまかな色の雰囲気

 
 
オフホワイトが、白以外にどんな色が混じっていても"オフホワイト"として成立するものの、
実質的には、"黄色がわずかに混じった色(淡いクリーム色的)"が
日本における「オフホワイト」を実質的に指す意味合いが強いのと同様に、
「オフブラック」の市販品にも実質的には定番の色がある模様で、
 
「黒に少しだけ白を混ぜた、ほんの少し灰色っぽい黒」
(クラシックピアノのような鏡的な輝きもなく、照りはない落ち着いた雰囲気)
 
以上のような感じが定番であるようです。
(あいまいな色のため、時代の流れで定番の色の雰囲気はどんどん変動する場合あり)
 
 
 
 
 
 
[マイナーなオフブラック(濃紺系,茶色系)]
楽天やAmazonといったモール内で「オフブラック」と検索すると、
「照りのないやや灰色っぽい黒」みたいなものがたくさん出てくるものの、
 
「ネイビーをさらに濃くした感じの色」
「茶色を最大限に濃くした感じの色」
 
こういったタイプの自称オフブラックの市販品もあり。
 
 
 
 
 
 
 

具体的にオフブラックに該当しそうな色は? - チャコールグレーなど

 
 
オフブラックの市販品の色の平均値などから推測するほか、
オフブラックが黒以外に何かかすかに混じっていればオフホワイトに該当すると仮定すると、
メジャーな色では以下のような色があてはまると思われます。
 

 

(ブラック)

#000000

 

チャコールグレー

(消し炭色)

#4e454a

一番黒に近いグレー

という位置づけの色

墨色

#595857

 

セピア

#622d18

市販品の色とは、

少しずれあり

 

 

*モール内でみつかる市販品においては、

チャコールグレーのような感じ、もしくはそれをもう少し黒くしたような、

「ディープチャコールグレー」的な雰囲気が多い。

 

 

 

モール内で実際に、"オフブラック"を自称する市販品の色を確かめたい場合はこちらからどうぞ。

楽天市場「オフブラック」検索結果

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]