色の三属性(色相・明度・彩度)

 

色の三属性とは?

 
 
明度だけがある"無彩色"と呼ばれる「白・灰色・黒」を除く有彩色は、
色それぞれが3つの要素で構成されており、その有彩色の構成する3要素のこと。
 
 
[3要素]
 

要素

意味

色相(Hue)

具体的な色(色合い)を表す

明度(Brightness)

色の明暗を表す

彩度(Saturation)

色の鮮やかさを表す

 
 
有彩色は3つの要素をすべて併せもっているが、
無彩色(白と灰色と黒)は、「明度」だけはあるが、色相と彩度は持ち合わせていない。
 
 

 

色相(Hue)とは?

 
簡単な一行説明= 色の三属性のうち、「どんな色(色合い)か?」を表すもの。
 
 
 
詳しい説明
 
 
色相(しきそう)とは・・・・・
 
「色調」とほぼ同義語とされ、
英語だと「Hue」と書き、
日本語での意味合いとしては「色合い」といような意味。
英語の「Hue」も「色合い」「色調」という意味。
 
 
 
【具体的な意味(明度・彩度との関係性)】
明度が明るさの程度を表し、
彩度が鮮やかさの程度を表すのに対し、
色相では具体的に「何色(どんな色)か?」という色の種類を表す。
 
 
 
 
 
 

明度(Brightness)とは?

 
 
簡単な一行説明= 色の三属性のうち、「どれくらいの明るさか?(暗さか?)」という明るさの程度を表すもの
 
 
 
詳しい説明
 
明度(めいど)とは・・・・・
 
英語だと「Brightness」と書き、
日本語に訳すと「明るさ」「光度」というような意味の名詞。
 
「無彩色」と呼ばれる、白から灰色(グレイ系)を経て黒へと至る様々な色も、明度だけは持ち合わせている。
 
 
ちなみに「マンセル表色系」という色の表示法においては、
明度10が白で値が小さくなるにつれて黒くなる。
 
 
 
 
【具体的な意味(色相・彩度との関係性)】
色相が具体的な色の種類、
彩度が色の鮮やかの程度を表すのに対し、
明度は、「どれくらいの明るさか?(暗さか?)」という明るさの程度を表すもの。
 
 
 
 
 
 
 

彩度(Saturation)とは?

 
簡単な一行説明= 色の三属性のうち、「どれくらいの鮮やかさか?」を表すもの
 
 
 
詳しい説明
 

「彩度(さいど)」とは・・・・・
 
 
別名は「飽和度」といい、
英語では「Saturation」と書き、
Saturationの日本語での意味は、「彩度」「飽和」というような意味。
 
 
 
【具体的な意味(色相・明度との関係性)】
色相は具体的な色を表し、明度は明るさの程度を表すのに対し、
彩度は、"飽和"という意味もあるため、正確には鮮やかだけを表すものではないとされるものの、
基本的に「どれくらいの鮮やかさか?」を表すもの。
 
おおまかにいうと、完全な白色(純白)は彩度0で、
彩度が低いものは高い値と比べると淡く弱い色、
彩度が高いほど、強く鮮やかな色彩であることを示す。
 
 
 

マンセル表色系とは? 【難しいのでこちらは工事中】

 
 
 
 
[マンセル表色系とは?]
アメリカの画家であったマンセル氏が20世紀初頭に考案した色の表示法のこと。
 

  • 色相を「マンセル・ヒュー(H)」
  • 明度を「マンセル・バリュー(V)」・・・・・白が10で黒が0
  • 彩度を「マンセル・クロマ(C)」・・・・・無彩色が0

 
で現わす。
 
 
 
 
*「マンセル表色系」を細かく理解することはなかなか難しいため、
間違った説明の内容にこれ以上の説明は避けますので、
分かる範囲の情報ですので詳しく知りたいかたは他の詳しい資料をご参照ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]