アースカラー(earth color)

 

アースカラーとは?

 
earth color
earth colour
 
 
「アースカラー」とは、
「地球の色」という名前の通り、
 
「(人工物ではなく)地球そのものが持つ大自然をイメージさせる色」のこと。
 
 
日本流行色協会HPによると、大地を思わせる「褐色(ブラウン)」が中心的な色であるほか、
「エコロジーカラー」と呼ばれる色群と同義語である模様。
 
その他、「ナチュラルカラー」と呼ばれるカテゴリとほぼ同義語と定義されている場合もあり。
(正確には、ナチュラルカラーはアースカラーよりも明確に淡い色であるという色の濃さの違いあり)
 
 
 
1960年代に日本での環境汚染が問題になった後、
民衆の環境意識の高まりの中で1970年代前半に流行色になったことがあるほか、
21世紀に入っても女性ファッション誌などでアースカラーの特集が組まれることがある。
 
 
 

アースカラーの主な例(該当色)

 
 

  • 大地を思わせる「褐色(ブラウン)」
  • 海や空をイメージさせる「青色」
  • 草や樹木をイメージさせる「緑色系(カーキ,オリーブ)」
  • 砂漠などをイメージさせる「ベージュ系」

 
 
*どこまでが"アースカラー"に入るかは解釈次第のため、明確には定義されていない模様です。
*エコロジーカラーも同様。
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]