灰色系の種類

 

灰色(グレー)系カラーの大まかな色見本画像&比較

 
 
*できるだけ画面を明るくして正面から見てください。
*照りが関係ある色は単色では表現しにくいのでおおまかな色です。
*微妙な色「アッシュグレー」=灰白色ということにしています。
 

 

 
 

灰色(GRAY,ねずみ色)

 
gray
 
 
"灰色"とは英語で「gray(グレー,グレイ)」になり、
まず「灰色」と「GRAY」は同じ色。
そして、いわゆる「ねずみ色」とも同義語とされる。
 
 
[具体的には?]
具体的な色の特徴・雰囲気としては、
丁度「白と黒の中間」にあたる色で、
白に近いとも黒に近いともいえない感じの色。
 
#からはじまる6桁の色コードでは「#7d7d7d」になるようです。
 
なお、定義通りの色はだいぶ濃い雰囲気であるものの、
実質的な市販品のグレー色商品の平均値は定義通りの色よりもうすい感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 

アッシュグレイとは?

 
ash gray
 
 
"ash"とは日本語で"灰"という意味のため、
理論的にはgray(灰色)と同じ色ということにはなるが実際には少し違いがあり、
灰色(GRAY)を少し薄くした感じの色。
 
なお、google翻訳で"ash gray"を日本語訳しても「灰白色」となる。
 
 
*ただし、灰白色ではなく逆に通常のグレーを少し濃くしたタイプもあり、
この色はややあいまいな扱いの色であるようです。
 

スペースグレイとは? - iPhone6sの色の一つ

 
 
アップルのiPhoneの色の一つとして採用されていることで有名な色、
「スペースグレイ」とは、
はっきりとした定義はわからないものの、
iphone機種の色を参考にすると
「基本的な灰色と近いものの、やや灰色よりも薄い色」といった感じの色。
 
同じくiPhoneの色に採用されている「シルバー」と比べると、
明確に色が濃く、シルバーを少し黒っぽくしたような感じ。
 
 


 
[アッシュグレイとスペースグレイの違い]
一般的なアッシュグレイカラーの市販品とiPhoneスペースグレイを比較する限りでは、
アッシュグレイのほうがスペースグレイよりも少し濃く、
逆に言うと、スペースグレイはアッシュグレイよりもうすい雰囲気。
(*明確な定義の違いに関しては今のところ不明です)
 
 


 
 

シルバーグレイ

 
silver gray
 
シルバーグレイ(silver gray)とは、
名前の通り、銀色に近いグレイのこと。
 
iphoneに採用されているカラー「スペースグレイ」とは大きな差は感じられないものの、
スペースグレイと比べるとやや金属(金色)っぽい雰囲気があり。
 
 
 

パールグレイ

 
pearl gray
 
 
パール(真珠)という名前の通り、真珠を思わせるような薄い灰色のこと。
定義的にはやや青っぽい灰色が「パールグレイ」にあてはまる模様。
 
市販品でバールグレイにあてはまる商品を見ている限り、
だいぶ銀色(シルバー)に近い明るい灰色っていった感じ。
 
 
 
 

モスグレーとは?

 
moss gray
 
 
「モスグレー」とは、
モス(苔、コケ)っぽい雰囲気のある、やや緑がかったグレーのこと。
 
類似色の「モスグリーン」と比べるとこちらのほうが灰色に近い。
 
 


【番外編】グレイっぽいオフホワイト

 
 
「オフホワイト」という人気カラーは、
きっちりとした色の定義はなく、
「何らかの別の色が少しだけ混ざった純白ではない白色」というような意味。
 
そしてオフホワイトと名乗る商品はほんの少しだけクリーム色っぽいものが多いが、
ほんの少しだけグレイ(灰色)っぽさのある白色の色の商品が「オフホワイト」を名乗っている場合もあり。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 


 

 
[色基本情報]

 
 
[メジャー色個別ページ1]
このカテゴリ内の色は、
組み合わせ/相性実例画像豊富

 
 
[メジャー色個別ページ2]

 
 
 
[美しい3色組み合わせ]

 
 
[その他]