FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

[三越] 日本橋三越本店と銀座三越

 
 
百貨店大手の三越の東京都心の中心的な店舗、

  • 日本橋三越本店
  • 銀座三越

どちらに行くべきか迷っているかた向けの材料になるような2店舗の比較情報。
 
 
[補足情報]
三越伊勢丹HDの決算資料によると、同社の三越/伊勢丹百貨店において
「伊勢丹新宿」「日本橋三越」「銀座三越」
この3館が基幹店扱いであるそうです。
 
 

 

三越オンラインストア

・三越オンラインストア TOP

 

 

 

 
 

 

日本橋三越本店

 
 
「日本橋三越本店」とは、
伊勢丹と統合して誕生した三越伊勢丹グループの
「三越」ブランドの本店扱いの巨大百貨店。
建物はメインの「本館」と、本館南側の小さな「新館」に分かれる。
 
会社サイトによるとオープンは1900年。
 
場所は東京駅の北東部にあり、
東京駅の東口で降りた場合は、道順によって500mから1km歩く必要あり。
(ただし、地下鉄銀座線と半蔵門線に「三越前」駅という直結駅もあり)
 

日本橋三越本店HP

 

 
 
 

 

銀座三越

 
 
「銀座三越」は、
全国に店舗網をもつ三越の本店ではないものの、
三越の主力店舗の一つであると思われる、1930年オープンの店舗。
場所は銀座4丁目交点の東側で地下鉄銀座線などと直結。
 
知名度は松屋銀座や閉店した松坂屋銀座と比べても圧倒的。
 
近年の外国人旅行客急増の影響もうけ、店舗別売上高も急増中。
 
 
 
[公式FACEBOOKでの店舗説明(2015年に書かれた文章)]
銀座三越は、最旬グローバル百貨店へ。
日本中から、世界中から多くの人たちが訪れ、活気に満ちあふれている街。
銀座の中心で、東京の中心で、そして日本の中心で、銀座三越はお客さまの暮らしの真ん中にあり続けてきました。
この4月、銀座三越は開店85周年を迎え、また新しい舞台へ歩みを進めていきます。
 
 

「銀座三越」公式サイト

 
 

 

日本橋三越本店と銀座三越の比較表

 
[共通点]
2つとも、三越伊勢丹HDが基幹店として定める3館の中の2つを占める。
(もう一つは伊勢丹新宿)
 
 

 

項目 日本橋三越本店 銀座三越

三越伊勢丹グループ

全体内での位置づけ

カルチャーリゾート百貨店

(日本文化の発信拠点)

最旬グローバル百貨店

(海外旅行客重視)

所在地

東京都中央区

日本橋室町1-4-1

東京都中央区

銀座4-6-16

オープン 1900年

1930年

(昭和5年)

アクセス

東京駅東口北東500mくらい

(地下鉄「三越前」駅あり)

地下鉄銀座駅に隣接
フロア情報

 

[本館]

地上7F

地下1F

 

[新館(小さなビル)]

地上10F・地下2F

 

地上12F

地下4F

 

*階層によっては

道を挟んだ東館と

西館に分かれる。

 

*地下4Fは駐車場

基本的な

営業時間

(2016年時点)

10:30-19:30

 

AM10:30-PM8

 

*11F・12Fの

レストランは

AM11-PM11

1Fの

主要テナント

 

施設のランクが

よくわかる指標

 

[本館]

ルイヴィトン

エルメス

ティファニー

カルティエ

ブルガリ

 

*新館はブティックなし

 

グッチ

プラダ

セリーヌ

サンローラン

バレンシアガ

 

ティファニー

ブルガリ

ヴァンクリーフ&アーベル

ブシュロン

ショーメ

ショパール

ダミアーニ

 

2Fの

主なテナント

ポロラルフローレン

ポールスミス

Gアルマーニ

BOSS

フェラガモ

 

[西側館(婦人靴売り場)]

シャネル

フェラガモ

VALENTINO

 

[東館(時計売り場)]

ロレックス

パネライ

フランクミュラー

ジャガールクルト

IWC

 

*2Fは東と西に分離

 

店舗の

単体売上高

資料がたくさんあり、

どこに掲載されているか

わからなかったので

とりあえず空欄

 

 

[2015年度]

852億円

 

ちなみに

決算資料によると

インバウンド効果により

2012年度=612億円

2013年度=692億円

2014年度=744億円

と驚異的な伸び。

 

 

 

[まとめ]

両方とも三越伊勢丹グループの3大基幹店に含まれるため、

構成テナントはどちらも日本トップクラスの豪華さ。

ただし、服飾/宝飾分野においては、本店よりも銀座店のほうが全フロアを通じて豪華なテナントの印象。

 

 

また、コンセプトに違いがあり、

銀座の海外旅行客の人気を意識した銀座店に対して、

日本橋本店は「カルチャーリゾート百貨店」という位置づけ。

 

店の広さに関しては、地図で敷地面積の大きさを調べたところ、敷地面積では日本橋店のほうが上。

それに対して銀座店は敷地面積は狭めながら階層が高いので、

売り場面積的にはどちらのほうが上であるか、いまいちわかりません。

 

 

 

 


 
 
 
 
 

 

[用語集カテゴリ]

 
 
[各種ショッピング情報]

 
 
特定ブランド関連用語(住/生活分野)