FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

テラスハウスとメゾネット

 

このページについて

 
 
このページは、
違いが分かりづらいことで有名で
テレビ番組「テラスハウス」の影響で住宅のカテゴリとしても流行している
 

  • テラスハウス
  • メゾネット

 
の意味合いや微妙な意味合いの違いを分析しているページです。
 
 
なお、様々な公式的情報においても、
意味合いの説明や扱われ方に違いがあり、現在ではだいぶ違いはあいまいになっているようですので、
新情報が発覚した場合は、加筆・修正させていただく場合があります。
 
 
また違いについては、テレビ番組からくる影響などにより、
時代の流れの中で少しずつ変化していく可能性があります。
 
 
 
 
 
 
 

テラスハウスとは?

 
terrace house
 
 
「テラスハウス」とは、
2階建ての横に長い戸建て住宅風の建物が基本で、
細長いものをいくつかにカットしたように壁で区切られ、
またそれぞれに庭やテラスが用意されているタイプの集合住宅。
 
壁をとなりの部屋と共有しているという点を除くと、だいぶ戸建て住宅に近い。
 
なお、定義から考えると1階建ての長屋でも、各部屋に庭・テラスがついていれば、
"テラスハウス"に該当すると思われる。
逆に2F以上なら"メゾネットタイプのテラスハウス"という言い方も理論的には可能。
 
 
 
*テラスの意味はいくつかの意味合いがあるようなので他の資料でご確認ください。
 
 
 
 
[terraceのgoogle翻訳での英語での定義情報]
a level paved area or platform next to a building; a patio or veranda.
 
 
 
 
 
 

メゾネット(メゾネットタイプ)とは?

 
maisonette
 
 
メゾネットとは、単語自体はフランス語で「小さな家」を意味する言葉。
 
ただし、現代の日本においては、
住宅、寝台列車などにおいて上下(1Fと2F)が階段でつながっていて、
1Fと2Fを両方とも使用できるタイプの部屋のこと全般を指す。
 
メゾネットではなく「メゾネットタイプ」という語句で使用される場合も多い。
 
 
寝台列車では寝台特急「カシオペア」にて1Fと2F両方が使用できる
「メゾネットタイプ」の部屋があることで有名。
 
 
住宅分野においては、
賃貸物件検索サイトにて戸建て住宅賃貸ではなくアパート検索ページの詳細検索項目にて
「メゾネットタイプ」
という項目があってメゾネットタイプに絞って物件を絞ることができ、
その「メゾネットタイプ」="アパートにおいて1F・2F両方を使える物件"を意味する。
 
定義的には庭・テラスがあるかどうかは不問。
 
 
 
 
[SUUMOサイトにおける"メゾネット"の定義情報]
メゾネットとは、1住戸が2層以上となる構造のこと。
 
 
[google翻訳にて"maisonette"の英語での定義情報もみつけました]
a set of rooms for living in, typically on two stories of a larger building and with its own entrance from outside.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テラスハウスとメゾネットの主な共通点と違い

 
今の時点でわかっている限りの情報。
 
 
 
[共通点]
 

  • 独立した戸建て住宅ではなく、壁を共有する集合住宅である点
  • 基本的には2F建てである点

 
 
 
[違い]

  • テラスハウスは完全に住宅関連用語だが、メゾネットは住宅だけでなく寝台列車の部屋などの用語としても使用される
  • 定義的にはテラスハウスは庭・テラスがついているのが必須ということになるが、メゾネットはそうではない。
  • テラスハウスは「テラスハウスタイプ」という語句として文脈内で使用されることは基本的にない。
  • テラスハウスは定義から考えると2F建てとは限らないものの、メゾネットは明確に"2F建て"orそれ以上の階層の住宅・部屋を意味する
  • イメージ的にはテラスハウスは立派な雰囲気の細長い戸建て住宅風建物を区切った感じで、メゾネットはチープで壁もうすい木造アパート的建物をいくつかに区切った建物というイメージのされかたをしている(実際には少し違う可能性あり)