FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP

 

「SPA(エスピーエー)」とは?

 

SPAの概要

 
アパレル業界における「S・P・A」とは、
 
「Speciallity store retailer of Private label Apparel」の略で、
 
 
S=Speciallity
P=Private label(Private)
A=Apparel
 
の頭文字を並べたもの。
 
「スパ」ではなく「えすぴーえー」と読む。
 
 
日本語に訳すと(Google翻訳など利用)
 
「自社のブランド(アパレルブランド)を販売する小売店」
 
 
というような意味で、言葉の意味からすると、
 
外部のデザインメーカーから仕入れた、完成させた製品を仕入れて販売しているだけでなく、
それ以外にも自社企画・デザイン商品を製造して販売している小売店、
もしくは自社企画・デザイン商品のみを扱う直営小売店というような業態となる。
 
 
なお、ユニクロ、GAP、ZARAといったファストファッション系企業といわれるメーカーは
基本的にほとんどがSPAに該当する。
逆に、流行商品の外部仕入中心の「しまむら」は100%仕入商品販売ならSPAにはあたらないものの、
自社オリジナルブランド品もあるため、SPAに該当するかは解釈次第というところ。
 
 
また、「Private label Apparel」の略のため、文字からすると衣服(Apparel)ブランドのみということになるものの、
実際にはアパレルブランドだけではなく、自社バッグブランドなどを企画・小売りまで行っているメーカーもSPAといわれる。
 
 
 
[SPA業態の主なメリット]
 

  • 外部販売業者に卸さずに自社で直接販売するため、中間コストをカットでき、小売り価格を下げることができる
  • 自社で企画・デザインするため、トレンドに応じて迅速にトレンドに対応することができる

 
 
 
 
[反対語]
SPAは自社企画・デザイン商品を店舗で販売していることが定義となるため、
「外部メーカーからの仕入れ品のみを小売販売しているセレクトショップや百貨店」
あたりが、SPAとは反対の業態となる。
 
 
 
 
 
 

SPAメーカーの定義

 
 
日本で主に「SPAメーカー(業者)」として有名なのは、「ユニクロ」。
 
 
「ヒートテック」素材の商品をはじめとして、様々な高機能商品を自社企画(開発)・デザインして、
「ユニクロ」というブランド名にて、直営店で販売。
 
なお、ユニクロに関しては、例えばヒートテックは繊維会社である東レとの共同開発素材であるため、
アパレル業界の「川上」にあたる素材作りに関しては、外部企業との提携にて開発される場合もあれば、
素材つくりに関しては自社で行わずに外部任せであると思われるものの
"SPA"と呼ばれているメーカーもあるため、
 
「企画・デザイン・製造業務(川中) + 小売業務(川下)」
 
の2つの分野を自社の管理下で行っていれば、
「SPAメーカー」に該当するというのが現在の日本国内での基本的な解釈となっている。
 
 
 
 
 

主な国内・海外のSPAメーカー

 
【自社ブランド専門系SPA】
 

  • ユニクロ
  • GAP
  • ZARA
  • H&M
  • ハニーズ

 
 
 
【解釈次第でSPAにあたるメーカー・ショップ】
 

  • しまむら
  • ユナイテッドアローズ
  • BEAMS
  • SHIPS
  • ジャーナルスタンダード
  • アーバンリサーチ

 
 
 
セレクトショップに関しては、オリジナルブランド販売率が高いショップは、
SPAといわれているショップもあり。
 
 
 
 
 

[用語集カテゴリ]

 
[各種ショッピング情報]

 
 
[衣料系用語(繊維/服飾)]